30代、無職から脱出して正社員就職しなければ

30代 ニート仕事探し

30代 無職が就職するには

投稿日:

30代 無職から就職

30代で無職、ニート期間も長くなっている場合。
就職に関してのプレッシャーがじわじわと来ている方も多いのではないでしょうか。
就職活動をしてみて、書類選考が全然通らずに絶望感に包まれている方もいるかもしれません。

久しぶりにこれから就職活動をするために情報収集をしている、という方も多いかもしれません。

30歳を超えてニート、無職から就職するのは難しいと言います。
実際、20代ニート無職と比べると、正社員になるのは難易度が高いです。
求人も減りますから、職種の選択肢も少なくなってしまいます。

しかし30代無職であっても就職はまだまだ可能です。

そのためには就職活動の方法を選んで仕事探しをする必要があります。

30代 いつまでも無職ニートではマズイ・・・


30代。
無職、ニートから正社員として就職するには、当然ですが就職活動をするしかありません。

無職になった当初は色々なストレス、激務などから解放されてポジティブさもあった方も、3ヶ月、4ヶ月と無職状態が続くと精神的に追い込まれていく感覚になるのではないでしょうか。

当然ですが、無職=無収入ですから生活が苦しくなってきます。
貯蓄を取り崩している方がほとんどでしょうから、今日は500円以内で生活する、など切り詰めた生活になると思います。

高校中退、大学中退、既卒後ニートといった方もいると思います。
ニートになる理由は色々とあるとは思いますが、そのまま職歴なしニート、30代に突入して久しいといった方もいるかもしれません。

しかし、やはりいつまでもニートではまずい、という気持ちはあるのではないでしょうか。

自分が30代ともなれば、親の老いも確実に感じると思います。

今、何かあったら人生詰むかも・・・

今、無職で生活出来るのも親を頼ることが出来るから、という方は多いでしょう。
株やFX、仮想通貨で儲かったのでまだまだ生活は楽勝、という方は滅多にいないと思います。

30代 無職が就職するにはどうすればいい?

30代で無職から脱出、正社員就職するにはどうしたら良いでしょうか。

苦戦するのを覚悟で就職活動をするという正攻法でいくのが近道といえます。

問題は「30代無職から脱出するための就職活動の方法」です。

これを間違うと無職期間が(空白期間)が長引いてしまい、さらに就職が難しくなるという悪循環に陥ってしまいます。

また30代で無職、ニート期間が長くなっている人に共通して見られるのは「自分は正社員での就職は難しい」といった気持ちが強いことです。

今は空前の人手不足といって良い状況です。

特に中小企業は人手不足倒産も増えているほどに人手不足です。

そうした状況もあるため、中小企業は基本的には「まず会ってみて、どんな人材が確かめてみたい」と考えることが多いです。

求人を出せば求職者が多く集まりやすい大手企業の場合は落とすために面接をするケースもまだあるでしょうけれど、中小企業は人を採用するために求人を出して面接を行います。

「未経験でも良い人なら採用したい。仕事も数ヶ月真面目にやってくれれば、慣れるから大丈夫」

とにかく、やる気、真面目、素直さ、元気、これがあれば採用を考えたい、といった中小企業の社長は思った以上に多いといえます。
(就職支援サービスを展開している複数の就職エージェントから聞いた話です)

まず、思っているほど無職は不利にならないという意識を持つことが大切です。

30代無職から逆転!就職するための方法

正社員として就職するために求人を探す方法ですが、

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • コネ
  • 就職支援サービス
  • 正社員登用ありアルバイト

などがあります。

コネ、正社員登用ありバイトはオススメ出来ない

ただし、コネは色々なしがらみがあって正直面倒です。

30代、40代でそれぞれ無職からコネで就職した人がいるのですが、結局ゴタゴタしてきてせっかく就職した職場を辞めてしまいました。

入社してから気を使いますし、人間関係、特に派閥のようなものがあった場合、確実に巻き込まれます

コネで入社している以上、仕方ないのかもしれませんが大きなストレスになる可能性大です。

また、いきなり正社員就職する自信が無い。
アルバイトで職場に慣れてから正社員になりたい、といった気持ちがある場合には「正社員登用ありアルバイト求人」をつい探してしまうかもしれません。

しかし、31歳、35歳、39歳と30代といっても色々です。
年齢が高いほど、そんな時間的な余裕は無いといえるでしょう。

実は正社員登用される保証もありません。

仕事振りが認められない場合、何年働いてもアルバイトのままという可能性はあります。

40代をフリーターで迎える、といったことだけは避けたいです。

30代無職、職歴なしニートにオススメの就職活動の方法

ニートの面接対策
30代無職、職歴なしニートの方にもオススメの就職活動の方法は、就職支援サービスを利用して仕事探しをする方法です。

特にニート・フリーター向け就職支援サービスの場合には、人物重視のポテンシャル採用、という中小企業が主に利用しています。

そのため書類選考なしで面接という就職支援サービスが多くなっています。

書類選考で落ちる心配が無いのは大きなメリットといえるでしょう。

書類選考なしで落ち続けることほどキツイことはありません。

「自分は面接を受ける価値もないのか・・・」

といったメンタルはなかなかのものです。

就職支援サービスでは、内定がもらえそうな企業の求人を基本的には紹介してくれます。

そのため、内定率も高いのです。

とはいえ、30代でこうした就職支援サービスを利用して正社員求人を探そうと思った場合、年齢によって利用出来る就職支援サービスが変わってきます。

特に民間の就職支援の場合には、何歳までも就職をサポートします!といったわけではありません。
(行政の就職支援もそうですが、かなり高年齢までサポートは受けられます)

今のところ、ギリギリで35歳まで。

それもかなり厳しい就活になることは想定しておいた方が良いでしょう。
就職支援サービスを使うからすぐに仕事が見つかる、楽勝とおもって就職活動をすると、反動にやられてしまいます。

20代なら短期間で内定獲得、といったことが可能であっても年齢的にはやはり厳しいといえます。

それでも、求人紹介を受けることができるということは正社員就職のチャンスを得られるということになります。

30代前半で正社員就職を希望している方が就職相談が可能なところとして、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

などの就職支援サービスがあります。

30歳 無職 職歴なし

もし30歳になったばかりであれば、こうした就職支援サービスで早いタイミングで求人の紹介を受けられる可能性は高いです。

企業としても、30代とはいえ30歳になったばかりの人材と38歳、39歳ではやはり全く違います。

30歳無職といった状況から早く脱出したい、このまま30代を無職のまま過ごしたくない、といった場合には早い時期に就職支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

並行して、求人サイトを利用したりハローワークでも探してみたりすると、求人が多く見つかりますから応募先も広がります。

職歴なし、ニート歴が長くても就職を目指せる30代

30代無職、職歴なしニート歴が長くなっていたとしても、まだ正社員就職を目指せる年代です。

ポイントはやはり仕事を選び過ぎないこと、中小企業を狙うことです。

中小企業の中にもホワイト企業はたくさんあります。

残念ながら中小企業で働く場合、大企業のように高給与は望めませんが働きやすい会社が多いと言えます。

社長が従業員思いの場合も多いのですね。

もちろん、反対にブラック企業ともいえるような会社もあります。

就職支援サービスを利用した場合、求人紹介の前に企業に足を運び詳細を確認しているために、ブラック企業にあたる可能性は非常に低いです。

またもし就職してから事前に聞いていた仕事内容や待遇、環境に違いがありすぎる場合には、相談が可能な場合も多いです。

そうしたメリットもあります。

このまま40代を迎えてしまうと、それこそ就職が出来ない状況になりかねません。

少しでも就職しやすい年代の間に、就職活動に取り組んでみることをオススメします。

30代 ニート・無職からの就職 関連記事

30代 ニート 就職支援

30代ニート生活から脱出するための就職支援サービスがあります。
自力での就職活動よりも、こうした就職支援を利用した方が正社員になれる確率は高いと言えます。
30代、40代が利用可能な行政の就職支援サービスについてもご紹介しています。

-30代 ニート仕事探し
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.