20代後半 女性の平均年収について

女性ニート就職

20代後半 女性の平均年収(正社員)

投稿日:

20代後半 女性の平均年収について

20代後半、正社員として働く女性の平均年収について掲載しています。
ニートから正社員就職を目指す大きな目的は「お金」ですよね。
このままニートを続けていたら、将来の生活が出来ないのでは・・・という不安はあると思います。
正社員就職することで、安定した収入を得て生活することが出来ます。
20代後半 女性の平均年収について見ていきましょう。

収入ゼロのニートから、収入の安定した正社員へ就職

ニートから正社員就職を目指す時の大きな目的の一つが、

お金

であることは間違いないと思います。

結局、今のままニートを続けていて不安になるのは、

「働いていなくて収入が無いから」

ですよね?

女性ニートの場合、家事手伝いということで実家にいやすい場合も多いので、長く無収入の場合も多いです。
(親も息子に比べて、娘の場合には家にいることを喜ぶ傾向あり。親にもよるでしょうけれど・・・)

お金が無いから、将来が不安になる。

今は親が元気で働いているから、生活費を頼ることが出来る。

ニートが詰むと感じ、終わった・・・と思うのは、

  • 親が病気・ケガで急に働けなくなったとき
  • 親がリストラされて無職になったとき
  • 実は借金があったと分かったとき

などでしょう。

全て、お金が関係してきます。

もし資産家で一生働く必要が無いほどお金があれば、将来詰んだ、なんて思わないはずです。

でも、そうではなく庶民の家に生まれて、働いて収入を得ないと生きていけない。

だから、早く正社員就職して働きましょう!
となります。

収入ゼロのニートから正社員就職すると、月収いくらの生活になります。

他の人たちはどれくらい正社員として働いて月収、年収を稼いでいるの?

そうしたことを、今回は調べてみました。

20代後半 正社員で働く女性の平均年収はいくら?

今回は20代後半女性、25歳~29歳までの平均年収を調べてみました。

ソースは、転職大手のdodaさんです。

dodaは働く上での様々なデータを集計しているので、こうした時に参考になります。

年齢別 女性の平均年収を見てみると、

25歳 325万円
26歳 338万円
27歳 347万円
28歳 354万円
29歳 365万円

引用元:女性の平均年収ランキング 2018

となっています。

私が就職を目指す事務職の給料を見ていくと、

事務・アシスタント職 314万円

となっています。

平均年収よりも低めですね。

でも良いんです、働きやすさや仕事のプレッシャーを考えると事務職は魅力的です。

ちなみに、職種別で女性の平均年収は、

クリエイティブ職 346万円
営業職 377万円
企画・管理職 433万円
IT・通信系エンジニア 395万円
メディカル・化学・食品系エンジニア 357万円
建築・土木系エンジニア 352万円
モノづくり系エンジニア 377万円
金融系専門職 351万円
事務・アシスタント職 314万円
コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職 494万円
販売・サービス職 296万円

引用元:女性の平均年収ランキング 2018 職種ランキング

となっています。

女性ニート・フリーターが就職を目指しやすい、事務系のお仕事、販売・サービス系のお仕事は、平均年収は低めですね。

高年収なお仕事には、

  • 業務改革コンサルタント(BPR)
  • 弁護士
  • アナリスト
  • 投資銀行業務
  • 運用(ファンドマネジャー・ディーラー)
  • プロジェクトマネジャー
  • MR
  • 戦略・経営コンサルタント

などがズラッと並びます。

職歴なし無職ニート・フリーターから就職を目指す時、いきなりこうした職に就くのは無理です。
(将来も難しいかもしれませんが・・・)

上(高年収なお仕事)を見ると、キリがありませんから、現実的に就職しやすい職種を目指し、まずは正社員としてスタートを切ることを目指す必要はあるかなと思いますね。

まず就職しやすいと言われる20代の間に正社員にならないと、無職で過ごしていく可能性が高くなってしまいます。

正社員になればお給料がもらえます。

それを就職活動のモチベーションにするのもアリだと思いますよ!

正社員になってボーナスが欲しい!

正社員になるとボーナスがもらえる会社が多いです。

就職支援サイトを活用して求人紹介を受ける時も(求人サイトの利用でもそうですが)求人票には給与の項目のところに、

賞与あり(年2回)

といった記載があるはずです。

念のため、見てくださいね。
ボーナスは義務ではないので、支給がない会社も3,4割あると言われます。

業績により、といった会社もありますよ。

ボーナスがあると、さらにお金が貯まります。

賞与4ヶ月分、とある場合には普段のお給料に加えて夏・冬にプラス2ヶ月分のお給料がもらえることになります。

ザックリですが、月20万円のお給料をもらっていれば、夏のボーナス、冬のボーナスそれぞれで40万円が支給されるということになりますね。

税金が引かれますから、手取り額では少なくはなりますが、これは大きい!と思います。

中途入社して1年目は、ボーナス支給が無い会社が多いです。
寸志はあるかもしれません。

2年目からは賞与の支払い条件を満たせるようになるので、フルで年に2回、夏・冬のボーナスがもらえます。

これを仕事を続ける目的としている方は多いのでは、と思います。

仕事が大変でも、元のニートに戻ったら無収入です。

だから、多少きつくても頑張ろう・・・!という気持ち段々と変わっていくのではないでしょうか。

働いていくうちに、生活リズムの変化にも慣れますしね。

給料の高さも大切だけれど、忙しすぎないことも大切

ニート・フリーターから正社員就職すると、生活が激変します。

フリーターでガッツリ働いたのであれば、1日8時間労働は慣れているかもしれませんが、ニートから正社員になったら、あまりの長時間労働にグッタリ・・・という方も多いのではと思います。

私はもう最初の1週間は大変でした。疲れ切ってしまって。

朝9時から夕方6時までの勤務時間。

残業もあれば、さらに帰宅は遅くなります。

労働時間ゼロから8時間、9時間労働の世界へ飛び込めば、それはもう大変です。

でも、段々とそうした生活の変化には慣れる事が出来ますから、諦めて退職したりせずにがんばる事が必要ですね。

もちろん就職した先が、万が一ブラック企業だったら。
早く辞めた方が精神的、身体的に追い詰められないために必要かなとも思います。

就職エージェントなどを利用して職場を紹介してもらう分には、そうしたブラック企業はありませんから安心して良いのではないでしょうか。

就職活動をする時には、応募先企業の繁忙期の忙しさ、残業時間なども確認されると良いと思います。

お給料も大切ですけれど、プライベートの時間もしっかり確保出来ないとバランスが崩れてしまって大変ですからね。

あまり求人を選び過ぎると就職できない人になりやすいですが、給料と生活のバランスが取りやすい職場選びはしたいですね。

⇒ 職歴なし女性ニート向け就職支援サイト

これから就職先を探したい、といったニート・フリーター女性の方は、こちらが強い味方になってくれると思います。

気軽に就職相談からすることが出来ますよ。

-女性ニート就職
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.