20代後半職歴なし ニートが就職するには

20代ニート仕事探し

20代後半職歴なし ニートは就職できない?

更新日:

20代後半職歴なし ニートは就職できない?仕事がない?

26歳、27歳、28歳、29歳と20代後半の年齢で職歴なし、無職ニートから正社員就職を目指すのは確かに不利な面が多いです。
将来を考え、そろそろ就職しないと・・・と思い就職活動を始めてみたものの、書類落ちの連続。たまに書類が通過しても面接で落ちる。
「20代後半で職歴なし、ニートは就職できない?」
いえ、就職活動の方法を選ぶことでしっかりと内定獲得をし、就職に成功している方は多いです。
20代後半職歴なしニートから就職に成功するための就活についてご紹介しています。
ニートの就職に強い、ニートおすすめ就職サイトも合わせてご紹介しています。

20代後半職歴なし ニートは就職できない?

20代後半職歴なし ニート就職について
20代後半、職歴なし。就職できない・・・と諦めるのはまだ早いといえます。

今は20代後半のフリーター・ニートの人であっても、これからの仕事への熱意、やる気をしっかりとアピールすることが出来れば、積極的に採用を考えてくれる企業は増えています。

20代後半だからもう就職は無理・・・と諦める必要はなくなっています。

職歴なし、20代後半だから書類選考で落とすといった企業も今は減ってきていますからね。
深刻な人手不足の状況から、フリーター・ニートを積極的に採用しようという企業がむしろ増えている状況です。

20代フリーター・ニートの就職支援を専門的に行う就職支援サイトも多数あるほどです。

20代後半、職歴なし ニートだから就職できない、訳ではありません

ニートだから就職できない、職歴なし20代後半だから就職できない、というわけではありません

せっかく頑張ってやる気を出して、時間をかけて作った履歴書・職務経歴書。
ことごとく書類選考で落ちる・・・

奇跡的に通過した書類選考、でも面接でしっかりアピール出来ずに結局不採用。
場合によっては面接でお説教されてしまったり、といった経験のある方もいるかもしれませんね。

私は面接官ではなく、応対してくれた人事部長らしき人からニート歴を軽くお説教されて、将来を心配された経験があります。
もちろん、その会社は不採用でした。。

ニートだから、就職は不利。

確かに不利なのですが、就職活動のやり方によって不利な状況を避けることも出来るんですよね。

もし就活をして、ニートだから就職できない・・・と書類落ちや面接での不採用に悩んでいる場合、次のようなところを利用して就職活動をしているのではと思います。

  • ハローワーク
  • 一般の求人サイト

これらは「就職したい」と思った時に利用しやすいですよね。

仕事探し、といえばどちらかを思い浮かべる方はとても多いと思います。

しかし、どちらもニート向けの求人は少ないんですよね。
ニート向けの就職サイトではありません

だから就職できないと、いっても良いのです。

就職活動が出来ている場合には、行動は出来ていますから、後は就職活動の方法を選ぶことで内定をもらい就職先を決めることは出来るはずです。

ニートも就職できる

20代後半職歴なし、ニートが就職するには

20代後半、職歴なしニート

「ニート歴も長いし、今から就職活動をしても就職先が見つからないのでは・・・」

といった不安があったり、実際に就職活動をしてみて書類落ちの連続という現実を知り就職活動に挫折、またニート生活に戻ってしまう、といった方もいるかもしれません。

高齢化社会が進む中で人手不足が深刻化、新卒学生の内定率はほぼ100%、仕事を選び過ぎなければ何かしら、正社員就職は可能な時代です。

今は20代は売り手市場の中心にあります。

とはいっても、20代後半で職歴なし・社会人未経験、ニートの方の場合には就職は依然として厳しい、といって良い状況です。

20代後半、特に27歳を越えるとより一段と求人が減りますし、通常の就活では就職に成功するのは実際難しいです。

20代後半のニートを採用する企業

とはいっても、全ての企業が20代後半職歴なしの若者を採用する事を避けている訳でありません。

20代の若者で職歴、社会人経験無しであっても人物重視、ポテンシャル採用をし、しっかり育てたいと考えている企業もあります(特に中小企業に多いです)。

通常の就職活動では、こうした20代後半で職歴なしのニート・フリーターでも良い人がいたら採用したい、という企業と出会いにくいのですね。

ですから、こうした20代後半ニートでも採用の可能性がある企業の求人を探す方法を選ぶことが必要です。

20代後半、といってもまだまだ体力もありますし、仕事を覚える吸収力は30代と比べると柔軟にあります。

今後の企業経営を考えると20代を採用したい。
今は職歴が無くて経験が無くても大丈夫、これから働いて経験を積めば良い、という企業はたくさんあります。

こうした企業を見つけることが、20代後半職歴なしから正社員就職するためには重要です。

まず正社員就職すること、その後、さらにやりたい仕事が見つかれば、転職活動を行うことも出来ます。

20代後半、職歴なしニートの上手な就職活動の方法

20代後半、職歴なしニートの方が就職活動を進める場合、ニート向け就職サイトを利用することをオススメします。

就職活動のスピード、内定獲得まで短期間で進めるのは民間企業の就職支援サービスです。

20代ニート就職支援、ニートおすすめ就職サイト

20代のニート就職支援、ニート就職にも多数の実績ある就職サイトです。

こうしたニート向け就職支援サイトを活用することで、採用の可能性がある企業のみを紹介してもらうことが出来ます。

20代後半であればニート期間(空白期間)があったとしても面接を行い、人物重視で採用してくれる企業が多数こうした就職支援サービスに登録をして、採用活動を行っています。

実際に20代後半職歴なしニートの方も多く就職決定しています。

就労支援、就職相談が必要な場合

正社員として働くことに対して不安が大きすぎて、就活にどうしても踏み出せない。

昔はそんなこと無かったと思うけれど、ニート生活が長引いた結果、外に出て人に会うのがなんだか怖くて・・・就職に関して相談をしたい、といった方もいると思います。

その場合には、サポステ(若者サポートステーション)を利用してみる方法が良いかもしれません。

サポステは就職に関する相談、就労支援を受けることが出来る施設です。
働くことに悩みを抱える15歳~39歳までの若者が対象となります。

対象年齢が30代までですから、30代後半で就職に悩むニートの方も相談をしてみてください。

キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などが利用出来ます。

臨床心理士がいることも特徴です。
就職に関しての相談が可能ですから、悩みがある場合にはぜひ相談をされてみてはいかがでしょうか。

ただ、注意点として職業紹介はしていませんので、実際に就活をする場合にはハローワークなどを利用することが必要となります。

関連URL:若者サポートステーション(サポステ)

20代後半 職歴なしからの就職は確かに不利・・・

20代後半 職歴なしニート、という経歴を考えると確かに就職は不利なのですが、だからといって就職活動を後延ばしにしていては、さらに就職が難しくなってしまいます。

20代の間に正社員就職したい、とお考えであれば1日でも早く就職活動をスタートされると良いです。

未経験者を採用するなら1歳でも若い人材を、と考える企業は非常に多いです。

20代の間であれば、まだある程度は求人を選ぶことも出来ます。

30代ニートからでも就職は無理ではありませんが、職種を選ぶほど選択肢は無くなってきてしまいす。

資格・スキルがあれば、より内定獲得の可能性は高くなります。

資格・スキルが無いニートの方であっても20代であれば採用される可能性のある企業は多数見つけることが可能です。

そうしたニート向け求人が多数見つかるのが、

⇒ ニートおすすめ就職サイト

でご紹介した就職サイトとなります。

20代ニート就職支援

20代ならまだまだ正社員として就職するチャンスを得ることが出来ます。

就職活動を回り道することなく、空白期間を長くすることなく正社員就職する方法として、20代ニート就職支援の活用がおすすめです。

20代ニート就職支援を利用する目的

ニート向け就職支援サービスを比較する
20代ニート就職支援を利用する目的は、

  • ニート向け正社員求人の紹介
  • 応募書類の作成サポートを得る
  • 面接対策をしてもらう
  • 外部の力を利用し、少し強制的に就職活動を進める
  • 企業との面倒なやり取りを代行してもらう
  • 入社までの準備を手伝ってもらう

といったことなどがあります。

20代向けニート就職支援を利用するメインの目的は、やはり「正社員求人の紹介」でしょう。

リクナビを始めとする求人サイトでも、未経験OKの正社員求人を調べることは出来ますが、果たしてどこまでニートOKなのかはよく分からないですよね。

迷っている間に応募を止めて、そのうち興味を持った企業の求人が終了する・・・といった経験をしたことがあるニートの方も多いのではないでしょうか。

ニート就職支援を利用した場合、ニートOK、人物重視で面接します、といった企業の求人を紹介してもらう事ができます。

ニート歴が長くなればなるほど就職は難しくなっていきますから、20代後半なのニートの方など、年齢によってはあまりゆっくりと就職活動をする余裕が無い方もいるでしょう。

空白期間(ニート期間)が長くなると、就職は難しくなっていってしまいます。

そうした状況を避けるためにも、早期に就職先を決めることが可能な20代向けニート就職支援を利用することにはメリットがあります。

20代 ニートから社会復帰するには就職して働くしかない

ニートから脱出して社会復帰するには、結局のところ正社員就職して働くしかありません。

アルバイト、派遣社員になれば確かに収入は得られますが、不安定な非正規社員です。

結局、さらに年齢が上がりスキル・経験が満たないと判断されれば失業しやすい働き方となります。

アルバイト、派遣社員で40代、50代を迎えるリスクはとても大きいのです。

ニートから社会復帰し、正社員として働く。
そして給料を得て、好きなことに使う。

自分で働き、稼いだお金で今まで心配をかけた親に食事をごちそうしたり、毎月家にお金を入れたり、新たな趣味を見つけてお金を使う、収入が増えることで様々な楽しみに使うことが出来ます。

なにより仕事をすることで自分自身が成長できます。

ニートとして引きこもっていては、成長はありません。

20代後半、職歴なしニートの方も就職活動の仕方を選ぶことで、十分に正社員就職できるチャンスを得ることが出来ます。

20代後半で人生詰む、仕事がもう見つからない、などあり得ませんからまずは一歩、就職のために踏み出してみてはいかがでしょうか。

就職できないニートから脱出するには

就職したいのにできない、年齢を考えるとあまり就職活動に時間をかけたくない・・・
という方も多いと思います。

20代後半、といっても26歳と28歳29歳とでは時間的な焦りは違うでしょう。

30歳を越えると、ニートから正社員就職を目指すのは本当に厳しくなってしまいます。
ニートの将来は本当に厳しものです。

出来るだけ、まだ就職がしやすい20代の間に正社員就職を目指された方が良いです。

ニート向け求人を紹介してもらえる就職支援サイトを活用することで、サポートを受けながら就職を目指していくことが出来ます。

具体的に内定をもらえる可能性がある求人を紹介してもらえるメリットを活かしてください。

ニート歴がある場合、通常の就活方法ではとても不利になることが多く、面接に辿り着くのも困難といえます。

ニート向け就職支援サイトの中には、ニートの大敵である書類選考が無いところも多いです。

そうした就職就職支援サイトを利用することで、書類落ちするのが怖い、といったことも無くなります。

面接に関しても、内定がもらえるようにサポートしてくれますから、自力での就活よりも成功率が高いです。

⇒ ニートおすすめ就職サイト

ぜひ、活用してみてください。

-20代ニート仕事探し
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.