ニート女性の就職

大学中退ニート

大学中退ニート就職、正社員求人を探すにはどこがオススメ?

更新日:

大学中退ニート就職 正社員求人を見つける方法

大学中退ニートが就職するには、ニート就職の成功事例が多い就職支援サイトの活用が良いでしょう。
大学中退、フリーター・ニートといった方を専門的に就職支援を行っている正社員就職支援サイトをご紹介しています。
大学中退後、ニートとしてブランク期間が長く空いてしまうと就職が難しくなってしまいます。
ニート生活に慣れてしまうと、就職活動のために動きにくくなってしまう方も多いですから、正社員就職をお考えの場合には、早めに就活スタートをされることをオススメします。

大学中退ニートの就職に内定率の高い、就職支援サイトの活用がおすすめです。

大学中退ニートが就職し正社員になるには

大学中退後ニートを脱出して正社員になるには、就職活動の仕方が重要です。

ニート歴があると、就職活動は厳しくなると考えておいた方が良いです。
(ニート歴の長さにもよりますが・・・)

自力での就活をどれだけ頑張ってみても、

  • 書類選考でいつも不採用になる・・・
  • 面接に辿りつけてもどうしても突破出来ない

ということが続いてしまい、大学中退ニートは就職できないのでは・・・と思ってしまい、就活に挫折。
再びニート、引きこもり生活へ、という可能性もあります。

ニートになるきっかけとして、就活失敗、就職活動に挫折してという人は意外と多いです。

大学中退後、ニートから正社員への就職を目指すのであれば、

「失敗しにくい就活方法」

を選ぶことが大切です。

大学中退ニートが正社員になるためにオススメの就活方法。

大学中退ニート向け正社員求人を探すにはどこがオススメかをご紹介いたします。

大学中退ニート向け正社員求人が多く見つかる就職サイト

大学中退、ニート向けの正社員求人を効率良く見つける事ことが出来れば、就活も進めやすいですよね?

普通に求人サイトを利用しても、応募出来る求人を探すだけで時間が掛かってしまって・・・やる気が段々無くなってしまう。

という方もいるのではと思います。

・高卒可
・学歴不問
・大学中退者歓迎
・フリーター・ニートOK
・未経験者歓迎

といった正社員求人を中心に探すことになりますが、学歴の制約もあり思ったように求人サイトでは、応募したい会社を探せない・・・という方も多いのではないでしょうか。

大学中退ニートOKの正社員求人を見つける方法として、専門的に就職支援を行っている就職支援サイトの活用をオススメしています。

ニートの方が本気で就職を考えているのであれば、就職支援サイトを活用する方法は最もオススメです。

  • 大学中退、ニートOKの正社員求人が多い
  • 将来のキャリアプランを考えて就職先を探してくれる
  • 応募書類の添削、面接対策など手厚いサポート
  • 面接の日程調整
  • 入社前の準備のサポート

など、ニートから正社員就職を目指すために必要な就活のほとんどの部分をサポートしてくれます。

一人で就活を全部やるのは、とても大変ですからね。

ニートの方は無料で利用出来る、こうした就職支援サイトの活用が便利と思います。

就職相談が出来る相手がいるだけでも、就活が止まらずに済むことは多いですよ。

ニート向け求人が多い、ニートOKの就職支援サイト

大学中退ニートから脱出、正社員就職を目指す時に活用出来る就職支援サイトをご紹介です。

優良企業への就職、短期での就職を目指したい場合にはDYM就職がオススメです。
札幌、福岡にも拠点があります。

ビジネスマナーを身に付けたい、同期を作って就活を乗り切りたい場合などはジェイックがオススメです。
無料の就職支援講座でしっかり社会人になるための準備をすることが出来ます。

様々な求人から職種を選びたい場合には、就職shopが便利でしょう。
利用してフリーター・ニートなど未経験者の人材採用を行っている企業数は業界トップクラスです。

⇒ ジェイック

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ウズキャリ

⇒ ハタラクティブ

大学中退後、ニートから脱出して正社員就職したい場合には、こうした20代向け、未経験からの正社員就職支援サービスを行っている就職支援サイトの活用がオススメです。

就職相談だけでもしてみると、これからどういった就活をしていけば良いのかのヒントも得られると思います。

就職後、挫折しないためにも自分に合った職種を選ぶことが大切

ニートから就職、といった場合に限りませんが就職する際に「職種」はものすごく大切です!

自分に合った職種を選ばないと、仕事を続けるのが難しくなります。

初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手な人が営業職として就職をしても辛くなります。
さらには商品、サービスを売り込むのですから、ストレスは非常に大きなものになってしまいます・・・。

そこにやり甲斐や楽しさを見いだせると良いのですが、実績が出ないことで精神的にも追い詰められる可能性大です。

また、地道にコツコツと作業を積み重ねるのが苦手な人がプログラマーなどに就職するのも、苦痛と思います。
急な仕様変更、知らない言語、朝から晩までデバッグばかり、協力会社さんとのコミュニケーションも必要な事が多いです。

どんな仕事にも大変さはありますが、自分に合っていない職種として就職してしまうと辛さも倍増・・・いえ、それどころでは無いかもしれませんね。

大学中退後ニート、就職したものの仕事が合わず2ヶ月、3ヶ月など短期間で早期退職

そうした可能性もあります。

しっかりと自己分析を就活の最初に行い、自分の強み、適性を把握することが大切です。

営業職、事務職、エンジニア職、ドライバー、警備員、カスタマーサポート、技術職、販売・サービス職など色々な職種がありますから、自分はどの職種を目指して就活をしたら良いのか、慎重に考えてみることをオススメします。

周りのアドバイスも参考になると思います。

思った以上に、あなたの適性を見てくれていることも意外と多いですよ。

大学中退ニート、正社員になるために最も重要なこと

大学中退後ニート。

ニートをやめて正社員就職したい、そういった気持ちがあるのでしたら出来るだけ早く就職活動をスタートすべきです。

大学中退後であれば、20歳前後、年齢が高い人でも22歳くらいではと思います。

20代前半は正社員就職がしやすい最も有利な年齢といっても良いです。

仕事へのやる気、熱意、ポテンシャル。

未経験であっても、そうしたアピールで採用してもらえるのは20代前半だけといっても良いのではないでしょうか。

20代前半を過ぎてしまい、26歳、27歳、28歳、29歳と年齢が上がるにつれて、職歴なし・社会人未経験、ニートからの正社員就職は難しくなっていきます。

就職できないまま時が過ぎ、30代ニートになると人生詰む確率が上がってきます。

20代とはいっても、20歳と29歳とでは就職のしやすさは段違いに違います。

経験もスキルも無い人は、1歳でも若い方が未経験からの就職に成功しやすいです。

大学中退後、ニートから脱出するのは1歳でも若い方が有利です。

それを考えれば、専門学校に逃げたり、さらに引きこもったり、フリーターになったりといったことではなく、正社員就職を目指した方が良い方は多いのではないでしょうか。

いずれは正社員として働いて、しっかりと収入を得ることが生きていくために大切となります。

20代、少しでも就職しやすい年齢の間にニート脱出、正社員就職を目指すことをオススメしたいなと思います。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

を活用して、ニート向け正社員求人を効率良く見つけてみてください。

大学中退ニートが就職するには

大学中退後、ニートから正社員就職を目指す場合、ここまでにご紹介した就職支援サイトを活用する方法以外には、次のような方法もあります。

アルバイト先で正社員登用を目指す

アルバイトから正社員登用
ニートから正社員就職するハードルは高いですが、アルバイトなら年齢によって採用してもらえる職場はたくさんあります。

その中には、不人気な業界の募集もあると思います。

アルバイトならなんとか集まるけれど、正社員はとにかく足りない。
めぼしい人材がいれば、アルバイトから正社員登用したい、という会社もあります。

また、アルバイト求人サイトで調べてみると、

正社員登用あり

で募集を行っている企業はたくさんありますよね。

人手不足が言われはじめたこの数年で、かなり「正社員登用あり」が増えた印象があります。

企業としてもいきなり正社員採用するのは、リスクがあります。

採用した人がミスマッチで仕事内容や職場の人間関係に合わず、早期退職する可能性もありますからね。

入社して1ヶ月も持たずに正社員が退職、となればまた採用活動をしなければなりませんし、採用担当者も人事評価を減点される上、短期間で人材採用しろ!と上から指示が入るわで大変です(きっと)。

アルバイトから入ってもらえれば、どんな人材か分かりますし自社に合う人にだけ正社員登用の声を掛ければ済みますから、リスクが大きく減る事になります。

アルバイトをしながら、他の会社の正社員就職を狙って就活をすることも出来ます。

選択肢が増えますし、収入を得ることも出来る、という意味でもオススメの就活方法といえます。

ハローワークを利用する

ハローワークで仕事探し

定番の就活方法として、ハローワークを利用する方も依然として多いです。

地方に住んでいる方にとっては、唯一の求人情報源となる場合もあるかも知れません。

全国の国民に職業紹介をする役割を持っていますから、民間企業が拠点を置かない地方にもハローワークがあります。

地元の中小企業からの求人が多いことが特徴ですね。

大企業は採用に利用しませんが、利用が無料ということもあり地元の中小企業は多く求人を掲載しているはずです。

中には優良企業もあるでしょう。

ただし、求人を掲載するにあたり、企業の詳細までは審査しておらずブラック企業が混ざっていても分かりません
そうしたデメリットもあります。

また、ハローワークの相談員からの就職支援・サポートは多くを期待出来ません。

あくまで、職業紹介をしてもらえる施設として捉えると良いでしょう。

「わかものハローワーク」などは担当制で就職支援をしてもらうことが出来ますので、内定率は上がるでしょう。

【関連サイト】

20代後半職歴なしニートになっている場合

大学中退後、ニート期間が思いのほか長くなってしまい、20代後半ニートという方もいると思います。

その間、短期や単発でバイトをしてお小遣いを稼いでいたりしても、長くニート歴があるとやはり就職は難しいといえます。

年齢的に28歳、29歳といった方の場合には、正社員就職がしやすい20代という時期が残り少なくなっています。

ニートで30代、職歴なしとなると就職できない可能性が非常に高くなりますので、20代の間に正社員就職を目指すことをオススメします。

そのための方法としては、

先ほどもご紹介しましたが、

などを利用しての就職活動がオススメです。

ニート歴があっても、人物重視で面接を行い採用を考えてくれる企業を紹介してもらうことが出来ます。

-大学中退ニート
-, ,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.