ホワイト企業へ就職

大学中退ニート

大学中退ニートがホワイト企業に就職

投稿日:

大学中退、ニートがホワイト企業に就職

大学中退、ニートでもホワイト企業に就職するための、就職活動の方法についてご紹介しています。

大学中退した経歴から、正社員になるための就職活動でもホワイト企業は難しいかな・・・と無意識に応募を避けてはいませんか?

大学新卒でもし就活ができていたならば、応募できる企業は豊富ありますし優良企業、ホワイト企業へも応募がしやすかったと思います。

「やはりニートはホワイト企業への就職は無理、ブラック企業に就職するしかないのかな・・・」
と思ってしまうかもしれません。

しかし、大学中退したあとフリーター・ニート生活を挟んでいてもホワイト企業への就職を目指すことは可能です。

大学中退、ニート期間がある場合でも就職活動の方法、求人を集める方法によっては優良企業、ホワイト企業へ就職することが出来ます。

良い会社と思って入社してみたらブラック企業だった・・・といったことは避けたいですよね。

そのためには企業の詳しい情報を持っている就職支援を利用する方法がおすすめです。

全部が全部、優良企業、ホワイト企業とは言いません。

ホワイト寄りの企業も含め、大学中退ニートを積極的に採用している企業の情報収集にオススメの就職支援サービスをご紹介しています。

ニートがホワイト企業に就職する方法

ニート社会復帰 就職支援サイトを利用する
大学中退後など、ニート期間があり正社員就職を目指している20代、30代の方も多いと思います。

ニート期間が長くなっている方ほど、

「ニートからでも正社員に就職できるのだろうか・・・」

「空白期間が長いけど、採用してくれる会社は見つかるかな・・・」

「30代ニートが就職しやすい仕事って何があるのだろう?」

など就職に対して不安があるのではないでしょうか。

確かに、ニート期間がある場合には、一般的に考えられる就活方法、例えば求人サイトで「未経験OKの正社員求人」を調べて興味を持った求人に応募する、といった方法では面接に進むことも難しいのが現状です。

まして大学中退といった場合には、採用担当者によってはネガティブな要素が強すぎます。

他にも求人に応募者がいる場合、比較されるとやはり不利です。

ましてホワイト企業に就職したい、と思っても「ホワイト企業ってどれ?」といったように分からない場合が多いと思います。

ニート脱出のために確実に正社員になるために就職活動をしたい場合、ニート向け就職支援サイトの活用が最もオススメです。

ニート向け就職支援を利用してホワイト企業の求人を探してみる

ニートの面接対策
当サイトでは内定率が高い就職支援サイトをいくつかご紹介していますが、こうした対面でサポートを受けることが出来る就職支援サイトを利用して、ホワイト企業への就職を狙う方法がおすすめです。

ネットだけで情報収集するよりもホワイト企業、ホワイトよりな働き方が出来る企業に就職できる可能性が高まります。

就職エージェントを利用した方がニートがホワイト企業に就職しやすくなる大きな理由は、やはり就職エージェントが求職者(ニート・フリーター、大学中退者、既卒など)、職歴なし未経験者にも紹介するために、企業の詳しい情報を得るために直接足を運び、情報収集をしていることが挙げられます。

働きやすい環境がある会社で、正社員としてしっかりキャリアを積んで欲しい、といったこともあり出来る限り未経験者が入社して働きやすい会社、優良企業、ホワイト企業を探して求人をとっているようです。

就職エージェントも20代や30代前半のニート・フリーターなど正社員になりたい人を採用したい企業を探しています。

職歴なし未経験者でも採用して、しっかり育てようという姿勢のある会社の求人がないか、探しているんですね。

当然ですが、採用ニーズが無い企業は求人を出しません。
即戦力だけ欲しい、といったところもターゲットにはなりません。

そうした中でも、地元の優良中小企業、ホワイト企業がでてくることがあります。

就職支援サイトを利用することで、こうしたホワイト企業からの求人に出会えるタイミングがあります。

また扱っている求人はニートやフリーターといった職歴なし20代を特に歓迎する求人です。

そうしたこともあり、採用選考が進みやすいというメリットもあります。

どこでホワイト企業の求人を探したら良いの?

ニートから正社員就職、それも出来ればホワイト企業へ就職をしたい、といった場合には次にご紹介しているような就職支援サイトの活用がおすすめです。

ホワイト企業からの求人もあり!就職支援サイト

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイト、もしくは書類通過率の高い就職支援をご紹介しています。

地元の優良中小企業、都市部では上場企業、大手系列企業の求人などが見つかる場合もあります。
タイミングによって、紹介してもらえる求人数、職種なども変わってきます。

ホワイト企業に就職するには情報収集が重要!

ニートから就職する場合、職場が合わなかったり人間関係で困ったりしたらどうしよう。
せっかく就職しても早期退職しないか心配・・・。

もし就職できれば嬉しいものの、就職して正社員として働くにあたり不安も色々と出てくるものです。

そうした不安も、ニート向け就職支援サイトを利用して就活をする場合には、不安を解消しながら仕事探し、入社準備を進めていけます。

一人で就活をするとニートの方の場合には、不安や少し疑問から就職活動が止まる可能性があります。

就職活動を進めるために背中を押してもらえる、といったことも就職支援を利用するメリットになります。

ホワイト企業への就職は可能ですが、そのためには求人を得る方法が重要になってきます。

ホワイト企業かどうかを見極めるためには、離職率や平均勤続年数、社員の平均年齢、福利厚生の詳しい情報、職場の雰囲気など個人が就活で情報収集をしてもなかなか分かりにくいことを知りたいです。

そのため、20代などフリーター・ニート、大学中退者などをサポート対象とした、若者向けの就職支援、就職エージェントを利用しての就活方法が最適と言えます。

ニートが就職支援、就職エージェントを利用して就活するメリット

ニートが就職支援サイトを利用して仕事探しをするメリットを思いつくところで挙げてみたいと思います。

  • 職歴なしニート、フリーターなど若者を採用したい企業の求人が中心
  • 書類選考なしで面接が受けられる
  • 書類選考があったとしても、アドバイスを受けられるのでほぼ通る
  • 早く仕事が決まることも多い(短期間での内定獲得)
  • ブラック企業を除外して紹介してくれる
  • 面接対策などサポートあり
  • 自分一人で就活していては知ることが出来ない、企業の詳しい情報を提供してくれる
  • 就職で不安なことを質問できる

といったようなことが挙げられます。

また、それぞれの就職支援サイトによっても特徴が違います。

例えば、

DYM就職は就職決定までのスピードの速さ、相談からの正社員就職率の高さが特徴です。
面談会場も増えていますので、利用可能な地域も広がっています。

DYM就職がサポートしてくれるのは35歳までとなっています。

就職shopは業界トップの利用企業数で求人数が多いです。面談に力をいれており、しっかりと求職者と企業をマッチングさせようという姿勢があります。
様々な業界・職種の求人を取り扱っていることも就職shopの特徴ですね。

就職shopは年齢制限がありません。
20代向け求人が主ですが、状況によっては30歳以上の方も就職shopで求人の紹介を受けることも可能でしょう。

また利用可能な対応エリアも違いがあります。

東京、大阪はほとんどの就職エージェントが拠点を置いていますが、札幌、仙台、千葉、埼玉、名古屋、京都、広島、福岡といった都市に関しては、就職エージェントにより対応エリアになっていない場合もあります。

ブラック企業を避けてホワイト企業に就職するために

こうした就職支援のエージェントは求人を紹介するにあたり、必ず企業へ足を運び実際の情報を収集しています。

そのため、扱える求人数が求人サイトと比較をすると少なくなるというデメリットはあります。
しかしその分、質の高い情報を得られます。

企業へ訪問をすることによって、職場の詳しい情報を得ることが出来ます。
また、コンサルタントが直接訪問することも多いため、自分で仕入れた情報を求職者に伝えることも可能です。

中小企業であっても優良企業、ホワイト企業といえる会社は多くありますね。

中でも知名度が低く人材採用に困っている企業が多いと言われる地元の中小企業、またBtoB企業などは優良企業が多いと言われます。

知名度が劣る中小企業は、人材採用に困っていることが多く、こうした若者向け就職支援サービスを利用して中途採用を行っているケースも増えてきました。

求人サイトは利用していないけれど、就職エージェントは利用しているケースもあります。

メリットとして、企業がどんな人材を採用したいかもエージェントが理解していることが挙げられます。
それにより、求職者に対してもしっかりと面談、カウンセリングを通して人柄、適性の理解。
ミスマッチを減らした紹介が可能となっています。
(この辺りはコンサルタントの能力差もあるところですが・・・)

そのため、就職のミスマッチも防ぎやすく結果として、高い内定率、高い定着率となっている就職支援サービスが多いといえます。

ホワイト企業の求人が見つかる大学中退、ニート向け就職支援サービスは、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

でご紹介しています。

いずれも相談、求人紹介など無料で利用することが出来ます。

どういった企業の求人があるかを知るためにも、複数の就職エージェントを利用してみることをおすすめします。

ホワイト企業の特徴

社会保険事務所へ就職

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは、どんな企業のことを言うのでしょうか。

ホワイト企業といっても漠然としています。

ここでは主な特徴についてまとめています。
求人を見分ける際にも注目してみてはいかがでしょうか。

これらの特徴は、ブラック企業とホワイト企業とでは対極にあるといっても良いかもしれません。

ホワイト企業に共通して多く見られる特徴をご紹介します。

労働時間が適切に管理されている、残業時間が少ない

ホワイト企業では労働時間を厳しく管理していることが多いです。
残業削減に取り組んでいます。

ブラック企業は労働時間が長いことが特徴です。
タイムカードもあって無いようなものです。

休日出勤しても終わらない仕事・・・ということも多いでしょう。
そうした働き方が続けば、体調を崩してしまう可能性が高いです。

ホワイト企業はブラック企業とは逆となります。

労働時間を適切に管理し残業は極力無くす。
そうすることで従業員の体調管理が上手くいくようになり、従業員が健康で働くことこそが業績アップに繋がると考えます。

ノー残業デー、残業も上司へ申告し了承を得なければ不可、また完全退社の時間も決められている場合も多いです。

その結果として残業代削減で生活が厳しくなってしまったり、残業代がつかない管理職の負担が大きくなっている、企業もあったりもするのですが・・・。

とはいえ効率良く働いて残業無しで帰りましょう、といった企業が多いと言えます。

ホワイト企業は離職率が低い

離職率の低さもホワイト企業の大きな特徴に挙げられます。

働きやすさが大きな魅力のホワイト企業ですから、特に辞める理由が無ければ定年まで働きたいという人が多いと言えます。

そのため、中途採用のタイミングも少ないと言えます。

逆にブラック企業は常に人手不足、退職者が出る状況といえますので一年中、求人が出ている状況の企業も多いです。
(長い期間、求人サイトを見ていると、ずっと求人を掲載している企業は意外と多いのです)

年収も高い、福利厚生も充実、人間関係も良い、有給休暇も取りやすい、経営も安定している。
そうした企業に勤めることが出来れば、何かしらの理由がなければ退職する人はなかなか出ないといえます。

そのため、離職率が低い事がホワイト企業の大きな特徴です。

しかし、基本的には多くの企業では離職率は掲載していませんよね。

会社四季報に掲載されていれば、別ですがそうでなければ離職率は知ることは難しくなります。
上場している企業の場合、就職四季報で「新卒入社3年後離職率」を見ることが出来ますので、参考にすることは可能です。

そうした場合、就職支援サービスを利用して内部情報を聞いてみる方法もあります。

具体的な数字は分からないかもしれませんが、大まかに傾向は掴めるでしょう。

離職率を考える場合には社員の平均勤続年数、平均年齢も参考になります。

社員の平均年収が高い

ホワイト企業の条件として、経営の安定性もあります。

経営が安定し、利益も確保出来ているため従業員に還元するために平均給与が高めの企業が多いです。

初任給から相場よりも高い給与、年収になっている場合もありますので比較してみるのも良いかもしれません。

勤続年数が長くなるほど、高年収になる可能性が高いといえます。

土日祝日が休み、年間休日が多い

労働時間をしっかり管理していますから、土日祝日は休みです。
年間休日も120日以上など多めの企業が多いと言えます。

もちろん業界・業種によって休日数には差がありますし、販売・サービスといった仕事のようにシフトで働く場合もあるでしょう。

その場合には、土日や祝日も仕事の場合はあります。
しかし、交代でしっかり休みが取れるように考慮されているため、年間休日で見るとしっかりとお休みが取れている場合が多いです。

しっかり休むことでリフレッシュでき、健康を維持しやすくなります。
結果として、仕事の能率が上がります。

基本的には大企業ほど休みがしっかり取りやすく、中小企業など会社の規模が小さくなると休日が少なくなるという傾向はあります。

福利厚生が充実している

ホワイト企業は福利厚生を充実させている場合も多いです。

求人を調べる時は初任給や年収などにお金の面が気になります。

しかし、各種手当て、家賃補助などの福利厚生も重要ですね。
手当てや家賃補助が手厚いほど、手取り金額も増えるというものです。

基本給が低くても、トータルで手取り額が平均年収よりも高くなるとったケースもあります。
ぜひ求人を見る際にはチェックしてみてください。

企業が任意で提供する福利厚生が充実しているほど、ホワイト企業である可能性は高いです。

福利厚生を充実させるのも、企業にとっては負担ですからね。
わざわざ負担を取って福利厚生を充実させているということになります。

有給休暇取得率が高い

有給休暇取得率の高さもホワイト企業の特徴の一つでしょう。

中にはお小遣いをくれる企業もあります。
使い道は自由です。

ブラック企業では有給休暇はあって無いようなものです。
申請できるような雰囲気では無い、という状況があります。

ホワイト企業は有給休暇の取得にも積極的です。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始なども可能であれば有給休暇をくっつけて長期連休にすることも可能です。

出来るだけ有給休暇の取得を奨励していますから、取得しやすい雰囲気があります。

ちなみに有給休暇を取得する際には「有給休暇を取る理由」を伝える必要はありません。

ただし、繁忙期で人がいないと困る、といった場合には取得する時期をずらすなども必要です。

女性が働きやすい環境がある

ホワイト企業は女性が長く働きやすい環境作りにも力を入れている企業が多いといえます。

代表的なのが産休・育休です。

退職する事無く、復帰することが出来ることはとても大きな安心感になります。
また復帰した後も短時間勤務が可能であったり、在宅勤務が可能であったりと融通の利いた働き方も出来る場合が多いです。

女性の勤務状況に関しても、就職エージェントを通して質問をしてもらうことが出来るでしょう。

女性でこれから正社員就職を目指す方も多いと思います。
出来れば長く働ける企業に就職したいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

一つの目安として、女性が働きやすい環境があるか、実際に産休・育休を経て復帰した人が多いかどうか確認されてみてはいかがでしょうか。

ホワイト企業からの求人もあり!就職支援サイト

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイト、もしくは書類通過率の高い就職支援をご紹介しています。

職歴なし未経験から正社員就職を目指す際に、おすすめです。ニート・フリーター歓迎の求人も多いです。

-大学中退ニート
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.