ニート・無職からの仕事探し

20代ニート仕事探し

ニート 仕事の探し方

更新日:

仕事の探し方 ニートが正社員就職するには

ニートの仕事の探し方、どうすれば就職成功率の高い就活ができるでしょうか。

ニート歴があっても就職はできます。しかし就職活動の仕方が問題です。
仕事の探し方は、いくつかあります。
ハローワークで仕事を探す、派遣会社、正社員登用ありバイト、公共の就職支援、民間企業の就職支援など。今は20代、30代のニートの正社員採用を国を挙げて積極的に推進していますから過去に無いほど、就職活動はしやすい状況になってきているといって良いでしょう。

その中で、ニートを積極採用している企業からの求人が集まっているのが、民間企業のニート向け就職支援サービスです。

ここではニート向け就職支援サービスのおすすめをご紹介しています。

ニートの仕事探し方

ずっとニートだったけれど、そろそろ正社員として就職しないとマズいかな・・・

今までは無職、ニートでもなんとかなっていたけれど、とある「きっかけ」で正社員就職を目指す方は多いと思います。

  • フリーター・ニートの友達が気づいたらみんな就職していた
  • 親が体調を崩し、急に介護の心配が出てきた
  • 急に無収入の自分の将来が不安になった

ニートが就職を考えるようになったきっかけで多いのは、親に関連してのことが多いと言います。

「就職したら負け」

といったちょっと極端ですが、そうしたニートの方もいると思います。
しかし、それも親が元気でスネをかじれるからこそです。

当たり前ですが、今は元気な両親もいつか退職して年金生活になりますし、今はどんどん年金支給開始の時期が後倒しになっています。

貯金を切り崩して生活する無収入の期間もあると思います。

いつ病気やケガで倒れて仕事が出来なくなるかもしれません。

その時、無職・ニートで大丈夫ですか?という事を考え始めると、不安になるニートの方が多いと思います。

ここでは、無職・ニートからの就職活動の仕方、仕事の探し方についてコツをご紹介しています。

ニートからの正社員就職、20代の間は成功率が高い

ニートから正社員就職を目指すとき、一番重要なのは「年齢」です。

若さは武器。

年齢が若いニートの方の場合には、就職できる可能性は高いです。

もちろん20代なら誰でも就職できるか、というとちょっと違ってきますが、しっかりと就活準備をして本気で就職活動に取り組めば、最終的にはほとんどの方が正社員就職できるといって良いでしょう。

この記事を作成時に発表されている最新の有効求人倍率は、1.62倍です(平成30年10月分)。

求人を選び過ぎなければ、就職先があるといえます。

それくらいの有効求人倍率といえます。

20代は、未経験者であっても非常に採用ニーズが高く、ポテンシャル採用で十分に採用される可能性があります。

30代になると、即戦力を求める企業が一気に増えますから30代ニートになってしまうと、就職は厳しくなります。

職歴なし・社会人未経験、というニートの方でも20代であれば現状では就職できる可能性がとても高いといえます。

ニート 仕事の探し方

もしかすると、長いニート生活を送っていた方の中には、いきなり正社員を目指して就活するのが無理、外に出るのも難しくて・・・頭では分かっていても動けない。

そうした方もいるかもしれません。

その場合には、ジョブカフェやサポステなどで就職相談から始めるという方法もあります。

カウンセラーに相談をすることも出来る施設もあります。
就労体験から始めてみる、という相談も可能です。

一歩進んで、短時間のアルバイトから外に出て働いて、自分で給料を得る、といったことから考えてみても良いかもしれません。

年齢にもよりますが、まだ若いのであればアルバイトをしてもまだ正社員就職に間に合う事は多いと思います。

ご自身の状況に合わせて、ニート脱出のための仕事探しの段階を考えていく事も大切かと思います。

就職活動のために行動が出来るニートの方(準ニートの方)は、正社員就職を目指して求人サイトで受けたい会社を探してみたり、ハローワークで就職相談をしてみたり、ニート向け就職支援サイトを活用してみる、といった方法での就活の仕方がオススメです。

ニート期間は短い方が就職しやすいです。

ニートの就職支援、就職相談先

ニートの方が仕事探しをする場合、正直な所、自力での就活は難しいことが多いです。

既卒ニート、大学中退後ニートになってから2ヶ月、3ヶ月で就活をスタート、といったごく短期間でのニート生活であれば特に問題になる事も少ないかもしれません。

しかし、ニート生活が3年、4年といった方も多いと思います。

その場合、ニート歴がマイナス評価となり書類選考で落ちる事が非常に多いのが現状です。

通常で考えれば、やはり人事担当者としては「ニート=やる気が無い人」というイメージが強く、採用しても仕事が続かないのでは?と考えることが多いと言えます。

一般的な求人サイトを利用して求人へ応募していた場合には、他にも応募者がいることが普通です。

好条件の求人であれば、それこそ転職希望者もいると思います。
採用ニーズの高い、第二新卒もいるかもしれません。

そうした他の応募者もいた場合、ニート歴の長い人はやはり不利になり書類選考で落ちる事が増えてしまいます。

そのためニート脱出、仕事探しの仕方としては就職活動のプロがサポートしてくれる、ニート向け就職支援サイトの活用が一番の方法といえるでしょう。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

扱っている正社員求人もニート・フリーターOK、未経験者歓迎の求人が中心です。

ニート期間の長さを気にせず、これからの仕事へやる気、熱意、志望動機、人物重視で中途採用してもらえる企業を紹介してもらう事が出来ます。

今、やりたい仕事が見つかっていなくても、カウンセリングを通して適職を一緒に探してもらう事も可能です。

エージェントが所有している求人の中から、あなたに合っていると考えられる求人を紹介してもらえますので、成功率が高い就活をすることが出来ます。

就職相談から始められますので、ニートを脱出して働きたい、仕事探しがしたい、といった場合にはぜひ活用してみてはと思います。

ニート就職成功のコツ

求人、仕事を選び過ぎない

ニート・無職の期間が長い方の就活では特にですが、あまり仕事を選んでいる余裕は無い、というのが本音だと思います。

多くの人は、就職したいと考えつつも、仕事や会社で選びすぎてしまってなかなか決まらない、就職できない状況になりがちです。

自分に完全に向いていない仕事、ブラック企業への就職、などは避けるべきですが、あまり求人や仕事を選び過ぎないことも、就職成功の重要なコツといえます。

長く続けられる仕事を選ぶ事が大切です。

せっかく就職しても半年、1年くらいで退職してしまっては、また就職活動のやり直しですし、職歴としても短いです。

ニート歴もあるため、すぐに辞める人では?と思われやすい経歴になってしまいます。

しっかり企業研究をしてみて、興味の持てる仕事であれば応募を考えてみても良いのではないでしょうか。

中小企業を狙う

ニートから就職を考える場合、大手企業への就職はまず難しいです。

関連子会社で職を選ばなければ、就職できる可能性はありますが、希望しない職種であることの方が多いかなと思います。

職歴なし・社会人未経験の方が就職しやすいのは、人手不足で困っていて、なおかつ未経験者の教育に力を入れている中小企業です。

未経験者であっても採用してしっかり育てて、活躍してもらいたい。
そうした考えの元、中途採用を行っている企業はたくさんありますよ。

中小企業では採用にあたって、人物重視、毎日一緒に働きたい人かどうか、で選考してくれところは多いです。

そうした会社が多く求人を出しているのが、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

でご紹介しているような就職支援サイトとなります。

30代ニートの就職は厳しい

人手不足もあり、ニート・フリーターからの就職は今はしやすいと言われています。

しかし、それも若さがあってこそ。

20代の間は確かに未経験者向けの正社員求人も多く、就職しやすいといえます。

しかし、30代になると未経験者向けの正社員求人は激減し、住んでいるエリアによっては、求人サイトで探してみると求人件数ゼロ、といったこともあります。

地方になると就職支援サイトの活用ができないところも多く、ハローワークに頼らざるを得ない、といった方も多いのではないでしょうか。

40代になると、就労支援も受けるのが難しくなります。
ますます就職ができなくなります。

そこから先のことはもう考えるのも辛くなる・・・といったまさにニートの末路が待っていると言って良いでしょう。

就職によって人生が変わる、といっても良い位ではないでしょうか。

ニートを脱出して正社員就職したい、とお考えになっているのでしたらニート向け正社員求人が見つかりやすい就職支援サイトの活用をオススメしたいと思います。

-20代ニート仕事探し
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.