ニート向け就職支援サイトを活用して就活

ニート就職

ニート積極採用の企業、求人情報を得るには

更新日:

ニート 採用企業の求人

脱ニート、正社員就職を成功させるためには求人選びの方法が重要です。
未経験者歓迎、とはいってもフリーターは歓迎しているけれども、ニートはあまり歓迎していない、といった企業はやはりあります。
ここでは、ニートのための求人を見つけるための就職活動の方法をご紹介しています。
ニート脱出、正社員として仕事に就くにはニートを積極採用する企業を見つけることがポイントとなります。

ニート積極採用の企業、求人情報を得るには

ニートから脱出して正社員就職するには、ニートを採用している企業の求人情報を得る必要があります。

高校卒業後、ニート。

高校や大学中退をしてからニート。

就職したけれど早期退職、それからニート生活。

大学卒業後、なんとなく就職する気がせずフリーターとニートを繰り返している。

色々な方がいると思います。

脱ニート、正社員しようと思ったきっかけを大切にする

ニートから脱出して就職を目指すのは、簡単にいかない方も多いと思います。

その時に重要になるのが、

脱ニート、正社員しようと思ったきっかけ

です。

ニートの方によっては、1社、2社と不採用になった時に「やっぱり就職できないかも、しばらくは就活しないでも良いかな・・・」となる可能性もあるかもしれません。

やっぱりいつまでもニート生活ではいけないよなあ・・・そろそろ正社員就職しないと、ということで就職活動をしようと思った。

仕事をしたら負けだと思っていたけれど、親が体調を崩して入院。
やっぱりこれからは、自分も仕事をしないと生活できないかもしれない。

そうした親の健康面から、正社員就職をしようと思ったというきっかけがあるニートの方もいるかもしれませんね。

当たり前の話ですけれど、基本的には自分よりも親の方が先に高齢になります。
いつまでも健康では無いでしょうし、いつまでも今の収入があるわけでもありません

いずれは年金生活になるでしょうし、年金支給が後ろ倒しになってきていますから、貯金を取り崩して生活する無収入の時期もあるかもしれません。

ニートの自分がいることで親の大きな負担になる、という事実に気づいてもまだ仕事をしたら負け、とか言っている場合では無いですよね・・・。

急に収入が無い自分の将来がこわくなって就職を考える人もいるようです。

ニート脱出のための就職活動の方法

ニート脱出のための就職活動ですが、普通に求人サイトで応募したい会社を探して履歴書や職務経歴書を書いて応募、といったパターンではニートは不採用になる可能性が高いです。

ニート・フリーターを積極的に採用している企業、未経験者歓迎で中途採用を行っている企業の情報を効率良く集めることが必要となります。

そのためには一般の求人サイトではなく、ニート向け求人も多く取りそろえているニート・フリーター向け就職支援サイトを利用して就活をする方法がオススメです。

ニートのための求人を多く扱う就職サイト

ニート・フリーター向け就職支援サイト

ニート・フリーター向けの未経験者歓迎の求人を多く取り扱っている就職支援サイトがあります。

⇒ ジェイック

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

などです。

18歳~35歳まで利用可能、拠点数が多く就職成功率が高いといったことから、最もオススメをしているのはDYM就職です。

詳しい対応エリアなどについては、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

にてまとめていますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

ニートを積極的に採用する企業は存在します

ニートを積極的に採用する企業は実際に存在します。

少しずつ正社員として働くためのステップを設け、ニート・ひきこもりを積極採用している企業として話題となった、(株)アイエスエフネットといった企業の他にも、ニート歓迎として人材採用を行っている企業は、意外とあるものです。

求人サイトを利用しても元ニートが活躍している企業、前職不問、学歴不問、人物重視で採用、といった企業は思った以上にあります。

ただ、求人サイトを利用してもあなたが住んでいる地域で、ニート歓迎の企業が見つかる可能性は低いです。

求人が増える時期、1月、2月、3月頃、そしてお盆明けの8月から9月、10月といった時期であれば中途採用のニーズも高くなりますから、求人が見つかるかもしれませんが効率はあまり良いとはいえません。

ニート向け求人を多く得るには、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

を活用して求人情報を得る方法が効率も良く、就職相談などサポートもありますのでオススメです。

ひきこもりを積極的に採用する企業も

ニートを積極的に採用する企業もありますし、引きこもりを積極的に採用する企業も数は少ないですがあります。

社長が元ニート、といった企業も増えてきたように思います。

昔よりもニートから社会復帰する手段、就職先は増えてきているといえます。

正社員就職しよう、という気持ちを大切にして就職活動に取り組まれることをオススメします。

ブラック企業に就職しないために

ニートから正社員就職したい、と考えた時に不安になる事の一つが、

ブラック企業に就職しまわないかどうか

ではないでしょうか。

内定が出やすいですし、なんだか楽しく働けそうな社長の話などもあり、つい入社を決めがちですが・・・入社してからめちゃくちゃブラックな働き方になる企業は、残念ながらあります。
(私の友人もそうしたブラック企業に就職してしまい、入社早々に精神的にやられてしまいました)

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

でご紹介しているような就職支援サイトを活用する場合、ブラック企業は基本的には紹介されません。

その理由としては、

  • 就職エージェントを利用すると、仲介料がかかるため
  • 就職エージェントは、ブラック企業は排除するため

です。

就職エージェントを利用すると、仲介料がかかるため

就職エージェントは企業からお金を頂いて、求職者を紹介します。

ブラック企業は離職率が高いですから、それ以上に人をどんどん採用しなくてはなりません。

数十万円など仲介料がかかるエージェントを毎回利用していたら、人材採用で赤字になってしまいます。

そうした費用がかかる就職エージェントはブラック企業は利用しないでしょう。

就職エージェントは、ブラック企業は排除するため

就職エージェントは、ブラック企業は排除することにとても力を入れてきます。

もし自社の就職支援サービスがブラック企業を紹介すると評判が立ってしまうと、大ダメージを受けてしまうからです。

「ブラック企業を紹介する就職エージェント」

という口コミ・評判が増えてしまうと、利用者が減ってしまいます。

ですからいずれの就職エージェントも、独自で厳しい基準を設けて審査をしています。

企業へも直接足を運び、職場の状況、社員の労働環境、働き方などをチェックします。

過去に紹介した人材がいれば、その方から詳しく働き方や仕事内容について情報収集を行ったりもします。

そうしたチェックの上で、求職者(フリーター・ニート)に求人紹介を行います。

ですから自力での就活よりも、就職エージェントを利用した方がブラック企業に出会う可能性は低くなるといえます。

ニートの方の就職活動は、様々な理由から就職エージェントを利用した方が成功率が高いといえるでしょう。

ニート・フリーターの就職支援に実績が多い、就職エージェントを、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

でご紹介しています。

これから就職活動をするというニートの方は、ぜひ活用されることをオススメします!

-ニート就職
-

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.