ニート社会復帰 就職支援サイトを利用する

ニート就職

ニート社会復帰の方法

更新日:

ニート社会復帰

ニートから社会復帰を成功させるためには、どういったことが重要になるでしょうか。
せっかくやる気を出して仕事を探すのに、社会復帰に失敗したら、もう何もやる気が出ないかもしれない・・・

ニート期間が短い方も、ニート期間が長い方も。
空白期間があることで就職活動は難しくなるのは間違いありません。

これからの生活に不安がある、将来このままニートだと詰むかも・・・社会復帰するには正社員として就職し働くのが一番といえます。

契約社員や派遣社員といったニート脱出を求めることも出来ますが、非正規雇用ということから結局、再び不安の日々になる可能性が高いです。

ニートから社会復帰するための仕事の探し方について、ご紹介しています。

ニートから社会復帰、仕事に就いて働くためにはどうしたら良い?

脱ニート、社会復帰を目指して就職活動をしようと思っているけれど、どんな方法が良いのかな?

と迷っている方もいると思います。

大卒ニート、ニート生活3年目。気付けばもう20代後半になる頃、そろそろ正社員就職しないと・・・

大学中退後ニート。未経験、ニートでもできる仕事を探して就職したい、自立したい。

中には正社員就職した経験がある方もおられると思います。
何かのきっかけで退職し、それから引きこもりニート生活、という方もいるのではと思います。

ニートから脱出して社会復帰したい

と思った時、どのような方法があるのか、ニートからの社会復帰を成功させるために成功のポイントになることをご紹介したいと思います。

ニートから正社員就職に成功した人はたくさんいます!

今のニート生活をなんとかしたい、そろそろ就職して働かないと・・・と思いつつも、具体的に行動がなかなか出来ずにまたニートであることに悩んでしまう・・・という方も多いのではと思います。

しかし、思い切って一歩踏み出して、正社員就職に成功して今毎日充実して生活を送れているという方はとても多いです。

今はニートの方の就職支援を行う就職支援サイトもたくさん増えてきています。
就職に関しての相談が出来るのが、心強いのではないでしょうか。

それに就職活動のほとんどを代行してもらうことも出来ます。

ニートから脱出するために就職活動が出来る方は、こうした就職支援サイトを利用する方法が一番、正社員就職できる可能性が高いので活用してみてください。

20代限定の就職支援サイトが多いですが、中には30代前半まで求人状況によって就職支援サービスが利用可能なところもあります。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

ニート就職活動の方法

ニート脱出、正社員就職するための方法

ニートを脱出して正社員就職するための方法として、主な就活の仕方としては以下が挙げられると思います。

  • ハローワークなどの公共の求人紹介サービス
  • ジョブカフェ、サポステなどの就職支援
  • 求人サイト
  • 民間の就職支援サイト

大卒ニート、既卒の方であれば大学の就職課を利用するという方法もありますが、既卒1年目、2年目くらいの場合だと後輩がまだ大学にいてまさに今、就職活動中というタイミングもあるかもしれません。

そうなると気まずくて大学の就職課を利用する気にはならないかもしれませんね。

今も働いていない、ニートかフリーターなんだなとばれてしまいますからね。

そうなると、ニートから正社員就職を目指す就活の仕方としては、上記がやはりメインになってくるのではと思います。

ニート脱出のために就活が出来る場合

就活が出来る方は、ジョブカフェやサポステを利用せずにハローワーク、求人サイト、民間の就職支援サイトを併用して就活をする方も多いでしょう。

ただ、一度利用した方は思う方も多いと思いますが、ハローワークは就活にはオススメ出来ません

相談員の方の質が本当に差が大きいといえます。
(相談員自身も非正規雇用だったりという現実もあるので仕方無いかもしれませんが・・・)

また、ハローワークで見つかる求人数は多いですが、質まではチェックしていません。

ブラック企業にあたってしまう可能性も高いため、特に社会人経験のないニートの方にはオススメ出来ない就活方法となります。

見分けられず、就職してしまったら大変ですよね?

ハロワをメインで就活に利用するのは、就職支援サイトが利用出来ない地域に住んでいる方、求人サイトで見つかる求人が少ない地方の方、といえるでしょう。

サポステでニート脱出のために就労支援、相談をしたい場合

就労支援が必要、病気や心理的に就職が難しいので相談、カウンセリングを受けたい、といったニートの方はサポステから利用されるのが良いでしょうか。

サポステには臨床心理士がいますので、就労支援のための相談が可能です。

ただサポステの役割は就労支援であって治療では無いことには注意が必要かも知れません。
途中から目的が変わってしまうと、就活が失敗しやすいと思います。

サポステでは、臨床心理士による心理カウンセリング、ソーシャル・スキル・トレーニング、職場見学などサポステの支援プログラムを組み合わせながら支援を利用することが出来ます。

ニートが正社員就職して社会復帰するには、就職支援サイトがおすすめ

ニートを脱出して、正社員になるための就活方法はいくつもありますが、仕事探しに行動できる方は、民間の就職支援サイトを利用する方法がオススメです。

就活のために利用するタイミングが良ければ、最短で1週間ほどで内定獲得まで進めるケースもあります。
(スピード対応の就職支援サイトを利用した場合)

通常、就職活動にかかる期間として、1ヶ月半~2ヶ月、長くても3ヶ月くらいで諦めずに就職活動が出来れば就職先が見つかる方がほとんどだそうです。

  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • キャリアカウンセリングを元にした求人紹介
  • 面接の日程調整
  • 面接対策
  • 志望動機の作成
  • 就職に関する相談なんでも

といったように就職活動を内定獲得まで手厚くサポートしてくれるのが特徴です。

就職支援サイトが扱っている求人は、職歴なし・社会人未経験歓迎の求人です。

また、ニート、フリーターOKの正社員求人が多く、紹介してくれる企業についても100%取材済でブラック企業を除外しての求人紹介となります。

通常の就職活動では、ニート歴があると選考が不利になりますから、ニートから正社員就職を目指す方法として最も成功率が高い就職活動が出来る方法としてオススメです。

「就職活動のやり方が分からない」

「自己分析がうまく出来ない、応募したい企業が自分では見つけられない」

といったニートの方も、相談してみてはいかがでしょうか。

就職活動の仕方の情報収集のために、利用する方もいますよ。

⇒ ニートの社会復帰、就職を成功させるには

も合わせてご覧になってみてください。

ニートからホワイト企業へ就職するための方法。
ニート脱出、正社員就職のためのオススメ就職サイト、などについてもご紹介をしています。

ニートが社会復帰するための準備とは

ニート脱出のための求人探し

ニート生活が長いと、社会復帰するための準備も必要になる方が多いと思います。

今までのニート生活もあるし、正社員として働くのが怖い・・・規則正しい生活をする自信がない、人とコミュニケーションがちゃんと取れるか自信が無い。

色々な「自信が無い」があるかもしれません。

ニートから社会復帰するために、少しずつ準備をしていくことも就職のためには重要です。

不規則な生活から規則正しい生活へ、生活習慣の改善

社会復帰するにあたり、それまでの生活習慣を変えていくことが必要になるニートの方は多いと思います。

学校や仕事が無いと、どうしても生活習慣は夜型になりがちです。

朝、決まった時間に起きる必要性が無いですからね。

ニート生活なのに毎朝7時に起きて、新聞を読み散歩に行き、家事をしっかり手伝う
といったことを長年続けられる人はレアキャラでしょう。

ニート生活は、昼夜逆転しやすいです。
ついダラダラしてしまいます。

社会復帰 = 正社員就職

を目指す場合、少しずつで良いですから不規則な生活をやめて、生活習慣を改めていく必要があります。

最初から夜勤メインで働きたい、といった事情があれば別ですが・・・普通に働くことを考えた場合には朝の8時半、9時頃から就業となります。

就活の面接も早いと午前中、10時などから始まることも多いです。
面接でまさか寝坊は出来ませんよね・・・。

夜型生活を続けてきた方は、社会復帰のためにも少しずつ生活習慣に変えていくことが必要です。

人とのコミュニケーションに慣れる

引きこもり生活が長くなっていると、人とコミュニケーションを取るのが怖くなっていることがあります。

親とも喋らない。

面接で受け答えする自信が完全に無い・・・というニートの方も多いのではないでしょうか。

それでは社会復帰は厳しいですよね。

一生誰ともコミュニケーションを取らずに生きていくのは無理でしょう。

少しずつ、コミュニケーションに慣れていくことが必要です。

家のゴミ出しを手伝い、ご近所さんとその際に挨拶をしてみる。

コンビニで買い物をしたときに「ありがとう」と言ってみる、など実践出来そうなことから始めてみるのも効果的です。

アルバイトで働き初めてみる

いきなり正社員で社会復帰はハードルが高い、と言った場合にはアルバイトから働くという方法もおすすめです。

アルバイトとして働く方がハードルは低いといえるでしょう。

あまり人とコミュニケーションを取らずに済むアルバイトもあります。

工場のアルバイトなどは黙々と働く仕事内容もありますので、無理なく働ける仕事内容を選び、自分で給料を得る体験をすることも大切なステップになります。

少しずつ無理なくステップアップして、正社員として社会復帰を目指すことも考えてみてください。

ニートになった原因を振り返ってみる

気付けばニート生活が長くなってしまっていた、という方もいるかもしれません。

しかし、ニートになった原因が何かしらあるはずです。

社会復帰のために就職活動をするにあたり、面接で必ず「どうしてニートになったのですか?」という質問が出ます。

そうしたニート向け質問にしっかり答えることが出来なくては、内定獲得は難しいです。

なぜニートになってしまったのか、原因を振り返り今後に活かせる答えが出来るように準備をすることが大切です。

ニートの社会復帰が遅れるとどうなる?

ニートからの社会復帰が遅くなるとどうなるでしょうか。

20代ニート、30代ニート、40代ニートと期間が長く年齢が上がるにつれて当然ですが、就職は難しくなります。

ニート状態が長くなるとともに、社会復帰のきっかけを作りにくくなります。

これが問題といえるんですよね・・・。

人とコミュニケーションを取る機会も減っていきますから、さらに外に出る自信が無くなり社会復帰ができなくなる。

まずは外に出ることが重要になります。

人とあまり関わらず、黙々と作業するアルバイトも探せばありますから、まずは外に出て働いて自分で給料を得ることが大切です。

少しずつ社会復帰のために動くことがとても大切といえます。

正社員での就職に関していえば、年齢が最も重要です。

30代ニート、40代ニートとなっていくにつれて就職は厳しくなります。

親も高齢になっていきますから、それこそ人生詰む可能性があります。

親が介護が必要になったら?必要な手続きができないかもしれない・・・
親が亡くなったら?生活保護に頼るしか無い。

それに、生活保護を受けられない可能性もあります。

40代、50代でニート、生活が成り立たない状況の中で社会との断絶もあり得ます。

そうした状況を変えるには、早く社会復帰することが必要と言えるでしょう。

ニートから就職、年齢はいつまで大丈夫?

30代ニート脱出、正社員就職したい

ニートを脱出、正社員就職を目指す場合、年齢的にはいつまで就職が大丈夫でしょうか。

年齢的に不安がある、というニートの方も多いと思います。

民間の就職支援サイトでは主に20代向けの求人となりますので、30代になると求人がほぼ無いため、利用が難しくなるサービスが多いです。

公共の就職支援サービスの場合には「おおむね44歳まで」といったようなサポート対象年齢となりますので、利用出来る方は多いでしょう。

ニート、無職からの就職を考えた場合、40代になると正直なところかなり厳しくなります。

50代ニートの方は非常に難しいというか、ほぼ無理な状態ではないでしょうか。

アルバイトから働き、働き振りを認められて正社員登用を目指す、といった道が考えられますが、それも難しいかもしれません。

職種も非常に限定されます。

正社員就職のことを考えるのであれば、若い間に就職をするしかありません。

20代ニートの方であれば、職歴なし、社会人経験なしでも採用される可能性は高いです。

今は幸い、ニートOKの正社員求人も探しやすくなっています。
それも人手不足の業界、業種が多いためです。

体調を整えて、就職活動ができるように。
必要なニートの方は、まずは生活習慣なども変えていってくださいね。

就職できる年代を逃すと、リスクしかない将来が待っているといって良いでしょう。

ニートからの社会復帰は早い方が良いと思います。

そのための就活方法として、民間の就職支援サイトなど、利用出来るものは利用してみてはと思います。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

-ニート就職
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2020 All Rights Reserved.