ニートの面接対策

ニート 面接対策

ニートは面接が受からない?効果的な面接対策をするには

投稿日:

面接が受からないニートはどうしたら良い?

ニートから正社員になるためには面接を突破しなくてはなりません。
内定獲得のためには面接対策が必須です。
でも、ニートが面接を突破するのはなかなか大変なことが多いのです。
ここでは多くのニート・フリーターを内定獲得まで導いてきた就職エージェントに取材をした内容を元に、ニートの面接対策についてご紹介しています。

ニートは面接が受からない?どんな面接対策をしたら良い?

ニートを脱出して、正社員になるために就職活動。

やる気を頑張って起こし、求人を探し応募。
今までニート生活を長くしてきた方にとっては、それだけでも大変だったかも知れません。

しかしその後、大きな壁となるのが面接です。

どうしても面接が受からなくて・・・というニートの方も多いと思います。

ニート期間が長くなると、さらに面接でネガティブな質問が増え、答えに困ることが多くなってしまうのではないでしょうか。

ニート歴のある方がどういった面接対策をすると良いか、ご紹介したいとお見ます。

ニートは就職できない?

ニートの就職活動の厳しさについて目にしていると、ニートは就職できない気もしてくるかもしれません。

しかし、ニートでも就職はできます

無職、ニート歴が長い方でも就職できます。

実際、就職支援サイトを利用して職歴なし29歳ニートといった方も正社員就職しています。

少子高齢化が進み、人手不足の業界・業種も増えている中で、学歴不問・経歴不問で20代、30代前半くらいまでの若手人材を積極的に採用したい、という企業は増えています。

そうした企業の採用試験を選んで受けることが出来れば、内定率も上がっていくと言えます。

転職希望者、第二新卒など多数の求職者が集まりやすい求人サイトを利用しての就活では、ニートの経歴を比較され書類落ちすることが増えてしまいますので、避けた方が良い就活方法となります。

ニートの就活では、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

を活用する就活方法がオススメです。

こうしたニート就職支援サイトには、先ほどの「学歴不問・経歴不問で20代、30代前半くらいまでの若手人材を積極的に採用したい、という企業」が集まっています。

学歴不問、これからの仕事へのやる気・熱意を評価して採用してくれる企業の情報を効率良く得られることは、ニートから正社員就職を目指す上で大きなメリットです。

ニートから正社員になりやすい求人がたくさんあるのがニート就職支援サイトとなります。

ニートからでも就職はできますし、実際、たくさんの方が正社員就職に成功しています。

もちろん、本気で就職したいという気持ちも大切です。

厳しい就活になることは前提のうえで、諦めずに正社員就職を目指すこと。
これもとても大切と言えます。

ニートの面接対策

ニートの面接対策でやはり重要なのは、

ニート期間についてどう答えるか

です。

履歴書にはニート期間のことは特に書かなくて良いでしょう。

履歴書の職歴を見て、空白期間が空いていることは面接官は見れば分かりますから、必ず面接で空白期間について質問をしてきます。

「既卒になってから(大学中退してから)の空白期間、何をしていましたか?」

ここでニート期間について答えることになります。

ニートが面接で「ニート期間について答える」場合

面接で必ず聞かれる「ニート期間は何をしていましたか?」といった質問ですが、これが最も面接中では大切な質問といって良いかもしれません。

この質問の答え方によって面接官は、あなたがどんな性格か、入社してどんな働き方をするか、仕事への熱意はどうか、といったことを見ようとしています。

重要なのは素直に答えること

ニートになったきっかけ、ニート期間に考えたこと。
ニート期間を経て、真剣に就職を考え、自分のやりたい仕事を見つけて今回御社へ応募したということを丁寧に伝えるようにします。

この時、ニート期間をよく見せようとはしない方が良いです。

面接官もたくさんに人材を面接してきていますし、ニート期間をよく見せようとすると、すぐに話がおかしいと感じるはずです。

早期退職した経験があれば、

「その経験を元により深く就職について考え、その上で自分のやりたい仕事を無長けて見つけて今回、応募をさせて頂きました」

といったように答えると良いでしょう。

この時、面接で絶対に話してはいけないのが、

「前に働いていた職場の悪口」

です。

悪口はあなたの印象を悪くしてしまいます。

淡々と退職した事実を伝え、短期間であってもその会社で学んだことなどを伝えることも大切なポイントです。

退職理由を質問された時には、事実を簡潔に答えるようにすると良いでしょう。

ニートになる前に、正社員として働いた経験がある場合

もし、正社員として働いた期間があるのでしたら、例え短い正社員経験であったとしても職歴には書いた方が良いでしょうし書くべきです。

あえて職歴を書かなかった場合には、職歴詐称になってしまいます。

社会保険の加入手続きなどのタイミングで人事にバレる可能性が高いですから、早期退職してしまった職歴であっても記載した方が良いでしょう。

そうした経験も含めて、素直に反省すべき点は反省して、これからの仕事への取り組み方、どういった働き方をしたいかなどビジョンを面接で話すと、良い印象を面接官に与えることが出来ます。

ニートの面接対策を効果的に行うには

正社員就職を目指しての就職活動、最大の壁である面接を上手く突破するには自分一人では限界があります。

それ以前に求人サイトを利用して一般公開されている求人へ応募していても、書類落ちが続いてしまうと思います。

未経験者歓迎の求人に応募をしても、ニート歴がある場合には滅多に書類選考に通過できないと考えた方が良いでしょう。

もし、面接に辿り着いたとしても内定がもらえないことが多いです・・・。

一般的な求人サイトは、様々な就職・転職希望者が利用していますから、経歴、職歴でニートよりも有利な人が多いことが最大の理由と言えます。

そのため、ニートから正社員就職を目指す場合には、

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

を活用しての就活がオススメです。

就職活動のプロが専任としてサポートに付き、ニートOKの正社員求人を紹介してくれます。

様々な企業が採用を行っていて、その中には優良企業、ホワイト企業も多数あります。

そのためニートの方も長く安心して働きやすい優良企業、ホワイト企業への就職するチャンスがあります。

応募する企業に合わせた具体的な面接対策もサポートを受けながらする事が出来ます。

ブラック企業を避けて求人紹介も受けることが出来ますので、そういった企業選びに関しても安心して就職活動が出来ることもポイントです。

-ニート 面接対策
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.