ニートが就職しやすい業界・業種

ニートができる仕事

ニートが就職しやすい業界・業種って?

投稿日:

就職したいニート向け、採用されやすい業界・業種

ニートから就職を目指すとしても、

どんな業界・業種ならニートは採用されやすい?

と就職先を決めることに迷っている方も多いのではないでしょうか。
ニート歴が長い場合には特に就職活動で不利になることが多いということもあり、迷いから就活がスタート出来ない方もいるかもしれません。
不採用が続くのは避けたいですよね。

ここでは、ニート採用も多い就職しやすい業界・業種についてご紹介しています。

ニートはどんな業界・業種に就職できる?

ニートから正社員就職を目指すとき、ニート歴が長い方もいると思いますが、

「どんな仕事が出来るのか分からない」

「どんな仕事なら採用される可能性があるのか分からない」

といったことから就職活動が進まない・・・という方もいると思います。

ニート歴が3ヶ月、6ヶ月などと浅くても就活について迷っている方も多いのではないでしょうか。

ニート歴があると就職は不利、とよく言います。

空白期間があると就職はさらに不利になってしまいます。

また年齢も未経験から就職を目指す場合には重要です。
20代の間はまだ就職のチャンスが多いですが、30代になると特にニート向け求人は激減するために就職できない可能性が高くなってしまいます。

正社員として働きたい、といった気持ちがあるのでしたら早めに就職活動をスタートし、情報収集から動いてみてはと思います。

例えば、求人を実際に調べてみたり、就職支援サービスを利用して紹介を受けてみた時に求人紹介されることが多い業界・業種としては、

  • 営業職
  • ITエンジニア職
  • 製造・工場勤務
  • 販売・サービス

などがあります。
(就活をするタイミングや適性によって、他にも様々な業界・業種の求人紹介のチャンスはあります)

やりたい仕事、やりたくない仕事とあると思います。

意外と体力には自信がある。
コツコツ積み上げていく仕事がやりたい、勉強するのも好き。
人と話すのはそれほど嫌いじゃない。
など、色々と適性もあるでしょう。

ただ、やりたくない仕事と思っていても業界研究、職種研究をしてみたら意外と自分に合っていそうな気がする、といった場合もあります。

向いていそうな仕事と思って調べてみたら、体力的に無理そう・・・人気がありすぎてニート採用は厳しそう、と言ったこともうあるかもしれません。

ニートから就職を目指す場合には、最初は業界・業種をあまり限定しすぎずに広く情報収集をすることも大切です。

ニートが就職しやすい業界・業種

29歳ニートから正社員就職するには
ニート採用が多い業界・業種についてみていきましょう。

実際に就職が多かったり、チャレンジしやすいのは次のような業界・業種となります。

基本的には人手不足の業界からの求人がニートの就職先には多いです。

ニートが採用を目指すしやすい業界

採用が多く、ニートから正社員就職を目指してチャレンジしやすい業界は、

  • IT業界
  • メーカー
  • サービス
  • 不動産
  • 建設
  • 商社
  • 流通

などがあります。

実際、就職支援サービスの活用によって紹介されるお仕事も、こうした業界の求人紹介が多いと思います。

ただ就職を考えた場合には、業界から入らずに職種を考えた方が良いです。

どんな経験を積めて、スキルを身に付けることが出来るか。
が大切です。

ひとまず今は正社員として就職する事が一番の目標というニートの方も多いと思いますが、将来何があるか分かりません。

転職活動や再就職を目指す時、需要のある職種で経験を積めていることが実は生命線になることは多いです。

営業職

最も採用ニーズが高いといえるのが営業職です。

あらゆる業界、企業にとって必要な職種といって良いと思います。
ベンチャー企業や中小企業の中には社長が一人で営業をしている、といったところもありますが、多くの企業では多数の営業職がいて仕事を取ってきています。

ニート・フリーター就職では、最も多く就職先として決まるのが営業の仕事です。

就職するにあたり、特別な資格、経験も必要とされないために未経験OK正社員求人が非常に多いです。

採用の条件は、「やる気、元気、明るさ、声の大きさ、粘り強さ」という採用担当者も少なくありません。

実績が給与・ボーナスに反映されやすいので、ニートから就職をして高年収・高給与を目指したい方には向いている職種といえます。
(外資系はシビアですが昇給しやすい、など会社ごとの特徴を抑えることが大切です)

プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を用いて仕様書に沿ってプログラムを組み、システムやソフトウェアを作る仕事です。

プログラマーも年齢によりますが人手不足のため未経験者歓迎の求人が多いです。

大体、27歳くらいまでであれば未経験者採用が期待出来ます。
30歳を越えると、就職は非常に難しいです。

インフラエンジニア

近年、需要が高まっているのがインフラエンジニアの仕事です。

研修制度がしっかりしている企業を選んで就職する事で、スキル・知識を身に付けることが出来るかが重要です。

短期間で客先常駐などになると、非常に厳しい働き方になりやすいですし、仕事も炎上しやすいです。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • インフラ保守エンジニア
  • インフラ運用オペレーター

最近では、クラウドの仕事も増えていることから、クラウドエンジニアの需要も伸びています。

今後も高い需要が期待される職種です。

サービス・販売

様々な業界で必要とされるのがサービス・販売職の仕事です。

人手不足の職種のため有効求人倍率も高く推移しており、未経験者歓迎の求人が多いため就職を狙いやすいです。

面接では「明るくハキハキと質問に答え、人とコミュニケーションを取るのが好き」といったことをアピール出来ると採用される可能性を上げる事が出来ます。

学歴不問、20代までなら未経験でも採用される可能性がある職種です。

ドライバー

人手不足によりドライバー職、セールスドライバー、タクシー、バス、トラック、特殊大型など様々なドライバーが不足しています。

そのため未経験者を採用して教育、資格を取得させて育てようという企業も多いです。

業務に必要な免許取得の費用を負担してくれる企業も多いですね。

体力に自信があり、運転が好きな人などには向いている仕事といえます。

トラック(長距離)関連は特に初任給は比較的高めな会社が多いです。

ブラック企業を避け、自分に合った職種で就職を

実際のところ、ニートが採用される可能性が高い職種は限定されます。

業界も働き方には重要なポイントになりますが、職種から探していく方が就職活動は勧めやすいでしょう。

もっと色々な就職の可能性を探りたい、もっと違う職種に就職したい、といった場合にはたくさんの求人サイト、就職支援サービスを利用してみるしかありません。

就職を希望するエリアは、要因としては大きいですよね。

地方に住んでいる場合には求人がそもそも少ないですし、業界も限定されるでしょう。

どうしても仕事が無い・・・といった場合には、近隣の都市で探してみるか、上京して探すなども検討したほうが良いかもしれません。

ニート就職に強い就職支援サイト

ニート就職に多数の実績がある、おすすめ就職支援サイトです。

20代なら未経験者歓迎の求人が多く、就職に成功出来る可能性が高い就活方法としておすすめです。

情報収集からの利用もOKです。

職歴なし29歳といったニートの方もどんな仕事への就職が狙えるかも確認をされてみてはと思います。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

-ニートができる仕事
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.