ニートがホワイト企業へ就職するには

ニート就職

ニートからホワイト企業へ就職できる?

投稿日:

ニート ホワイト企業へ就職できる

ニートがホワイト企業へ就職するには

ホワイト企業へ就職したい、ということで就職活動をするにはどうしたら良いでしょうか。

ニート歴が長くなってくると、いざ就職をしようと思った時に「書類落ちが多い・・・もう就職先はブラック企業しかないのでは?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

脱ニートを目指して就活を行う場合、ニート歴がある方は自力での就活にこだわらずに、就職支援サービスの活用をオススメします。

ニートOK、ニート向け求人を紹介してもらうことが出来ます。

その求人の中には、社員を大切にするホワイト企業からの求人がある場合も多いです。

内定獲得に向けてのサポートも受けることが出来ますし、これまでの就職支援の経験から内定率の高い就活を進めて行くことが可能です。

自分で求人を探し、応募をしてもほとんど書類落ちするニートの就職活動。

これから就職活動を始める方の場合には、最初からそうした苦労をせずにニート向け就活支援サービスを利用する方法をオススメします。

ニートからホワイト企業へ就職するための求人探しの方法

ニートからホワイト企業へ就職を目指す場合、求人を探す方法はいくつかあります。

その中で、ホワイト企業の求人を探す方法には以下をオススメします。

ニート向け就職支援サービスの活用

ニートが就職を目指す方法の中で、内定率の高さを考えるとプロのサポートを受けながらの就活が良いでしょう。

キャリアコーディネーターやカウンセラーと会うのがちょっと面倒・・・と思う方もいるかもしれませんが、一人で就職活動をしてもニート歴があると就活は非常に厳しくなります。

サポートを受けて就活をした方が早く内定獲得できると言えます。

多くのニート・フリーターの方が実際に、就職決定しています。

ホワイト企業へ就職したい、ということで就職相談をすることになりますが、

  • こういった職種で就職を目指したい
  • 就職条件で重視したいこと

などはあらかじめ、考えておいてから相談した方がスムーズに求人紹介が進むと思います。

単に「ホワイト企業へ就職したいです!」では曖昧で、あなたを担当する就職アドバイザーも悩んでしまうかも知れません。

やりたい仕事、絶対にやりたくない仕事は考えておいた方が良いでしょう。

自分としても就職先選びの基準が作れないと、紹介してくれた求人へ応募も決められませんし、全て断り続けていると紹介できる求人も無くなるかもしれません。

ニート向け就職支援サービスでは、多くのことを代行してもらうことが出来ますが、応募を決めるのはあなた自身です。

エージェントはミスマッチが少ないように求人を紹介し、内定獲得に向けてのサポートをしてくれる存在です。

脱ニート、正社員になるためには自分自身もしっかり動く事が大切となりますので、あまりに人任せにならないようにはしなければならないと言えます。

職歴なし・社会人未経験から就職を目指しやすい、

  • 営業職
  • ITエンジニア職
  • 事務職
  • 販売・サービス職
  • 作業員

他、ニート歴があってもOKな企業からの求人を多く紹介してもらうことが出来ます。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

ユースエール認定制度とは

ユースエール認定企業を探して就活を行う方法も、ホワイト企業へ就職したいニートの方にオススメです。

ユースエール認定企業とは、若者の採用や育成を通じて雇用状況が優良と認められた会社のことです。

平成27年10月に創設されました。

認定基準は全部で12項目あるのですが(人事向け情報なので省略しています)、これを全て満たす中小企業が認定の対象となります。

見る限り、ホワイト企業の条件を満たすためには重要な認定基準といって良いと思います。

例えば・・・

労働時間に関しても、

「正社員の所定外労働時間月平均が20時間以下かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の正社員ゼロ」

有給休暇に関しても、

「正社員の有給休暇の年平均取得率が70%以上、又は年平均取得日数が10日以上」

といった基準などがあります。

ブラック企業ならまず審査は確実に無理な基準が並んでいます。

当然、離職率も低いです。

ユースエール認定企業はハローワークで紹介をしてもらうことが出来ますから、情報収集にハローワークを活用してみても良いですね。

ただし、企業数もまだ200社程度と少ないですし、ユースエール認定企業が常に中途採用を行っているわけではありませんから、求人が見つかる可能性はかなり低いのが実際のところです。

とはいえ、ユースエール認定については覚えておいて損は無いと思います。

もし興味のある方は、厚生労働省のユースエール認定制度に関するページをご覧ください。

関連URL:ユースエール認定(若者雇用促進法に基づく認定)制度とは

自分にとって、どんな企業がホワイト企業かを考えてみる

ホワイト企業へ就職したい。

とはいっても、様々な企業があります。
全てにおいて超優良なホワイト企業、というのは難しいですよね。

有給休暇も全て消化可能で給料も高い、元々の年間休日数も125日以上、残業無し、女性管理職も多く子育て中の女性も働きやすい。

なかなかそうした企業はあるものでは無いです。

繁忙期もあれば閑散期もある企業が多いですし、一時期は残業もあるでしょう。
手当が他企業に比べて少ない、でも有給休暇取得率は高い、といったようにホワイト企業とはいっても様々です。

もちろん、業界・業種によって働き方、仕事内容も異なります。

自分にとって、どんなホワイト企業が働きやすいのかを考えておく必要がありますよね。

どんな職種で就職を目指すかも重要です。

自分にとって、どんな企業がホワイト企業なのか。
どういった就職先を選んだら良いのか、といったことを就職エージェントに相談する際には考えておくと、登録後の就活がスムーズに進みやすいです。

ニートがホワイト企業へ就職する近道は、就職のプロに相談すること

ニートから就職を成功させるのは、簡単なことでは無いといえます。

特にニート歴が長くなっていると、人事担当者はかなりネガティブに書類選考から行います

他にも応募者がいる場合には、かなり優先度は低い人材として選考されてしまうでしょう。

そのため、求人へ応募しても応募しても、書類落ちすることが多いです。

ニートから脱出して正社員就職、それもホワイト企業へ就職するには自力での就活では難しいといって良いでしょう。

少しでも可能性を広げるためには、就職のプロを活用する方法がオススメです。

就職に関する相談は何でも出来ますが、利用にあたってはあらかじめ、

「こういう職種、こういう条件でホワイト企業があればとと思っている」

といったことを考えて、伝えることが出来るとエージェントも求人を探しやすくなります。

利用する就職エージェントによっては希望する業界・業種の求人が弱いこともありますので、複数の就職エージェントを利用する方法もオススメです。
(そもそもニート向け求人は、職種が限定はされてきます)

ニートからでもホワイト企業へ正社員として就職できる!

ニートから正社員になる、ホワイト企業へ就職するために成功率が高い就職活動の方法をご紹介しました。

ニートからホワイト企業へ就職を目指す場合には、ニートの就職支援に多くの実績を持つ、就職エージェントを活用する方法をオススメしています。

社会人経験が無い、浅い場合にはブラック企業の見分けをすることが難しく、面接などで企業へ良い印象を持ってしまい入社してからブラック企業であることに気付く、といったケースは多いと言えます。

情報の選択眼を持つ就職活動のプロを活用することで、ブラック企業からの魅力的な誘いをスルーする事が出来ます。

やるべきことが多く、一人ですると大変な就職活動も多くを代行してもらうことが出来ます。

あなた自身の就活にかかる負担を減らし、重要な面接対策に集中することも出来ます。

ニートを脱出、正社員就職を目指すのであればぜひこうしたニートおすすめ就職エージェントを活用してみてください。

ホワイト企業へ就職したい、という希望条件を元に紹介可能な求人を探してもらうことが出来ます。

⇒ ニート就職支援おすすめサイト

-ニート就職
-,

Copyright© ニート就職支援サイト , 2019 All Rights Reserved.