ニート就職支援おすすめサイト

ニート就職に役立つ、就職支援サイト

ニート脱出、本気で正社員就職を目指したい場合に、就職活動に役立つ「ニート向け就職支援サイト」をご紹介しています。

「正社員として仕事に就きたい。でも就職活動のやり方がよく分からない。ブラック企業へ就職もしたくない」

といったような思いから、なかなか就職活動が進まない。

一人での就職活動は自信が無くて・・・という方も多いのではないでしょうか。

ケガ、病気、海外留学により就職できずなんとなくニートになった。

など、ニートになった理由も人それぞれで色々とあると思います。

しかし、いつまでもニート生活ではいけない、といった気持ちから正社員就職をお考えになっているのだと思います。

ニートから正社員就職、年齢が重要

ニートから正社員就職する際、年齢がとても重要です。

20代はまだまだ就職は可能、という就職エージェントが非常に多いです。

30代になると、ニートの方向けに限りませんが未経験者向け求人が激減します。
職歴なしから正社員就職を目指すこと自体が難しくなるのです。

40代になると、非常に難しいです。
かろうじて、国の就職支援で40代も利用可能なサービスもありますが、実際に就職に繋がるかどうかは微妙なところでしょう。

職歴なし、社会人未経験のニートから就職をするには、1歳でも若い間が有利です。
それも20代の間に、将来のことを考えて本気で就活されることをオススメします。

ニートであっても今のやる気、これからのビジョン、人物重視で採用を考えてくれる企業はたくさんありますからね。

引きこもりの状況もあると思いますが、就活に動ける方は、ニート就職支援サイトを活用して就職活動をされることを強くオススメしたいです。

実際、元ニート、今は正社員として活躍されている方はとても多いですよ。

サポートありの就職支援サイトなら、就職活動のやり方が分からなくても大丈夫

ニート歴が長い方、ブランク期間が長いニートの方の場合、就職に対して不安や悩みがあることも多いと思います。

正社員になるのがこわい、というた気持ちもあるかもしれませんね。

しかし、こうした不安や悩みは情報収集をしっかりと行う事で軽減出来たり、解消できることが多いです。

そのためにはハローワークなどではなく、紹介する企業へは必ず足を運び情報を得ている民間の就職支援サイトを利用される事をオススメします。

ここでは、ニート就職に利用できる、職歴なし・社会人未経験からの就職に役立つ就職支援サイトをご紹介いたします。

就職活動のプロが担当として付いてサポートしてくれます。

「やりたい仕事が分からない」

といった状況から利用される求職者の方も多いということです。
そこから、カウンセリングを通して強み、適性などを知り、求人紹介につなげていくスキルがあります。

ニート向け就職支援サイト、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ニート就職支援サイト

ニート利用OK、ニート向け就職支援サイトをご紹介いたします。

それぞれの就職支援サイトには対応エリアもありますし、紹介可能な求人の業界・職種もあります。

できれば求人数が多く、偏りが少ない就職支援サイトの活用がおすすめです。

上からオススメの就職支援サイトとしてご紹介をしていますので、就職活動のサポートとしてぜひご活用ください。

また、各拠点・面談会場についての情報は2018年12月時点のものを掲載しています。

最新情報はそれぞれの公式サイトなどにてご確認をお願い致します。

DYM就職

DYM就職はフリーター・ニートの就職支援にも特化している就職エージェントです。

既卒、大学中退者の方など幅広く20代向けの未経験者向け求人を取りそろえており、求職者一人ひとりに合わせて紹介が可能ということです。

相談からの就職成功率が非常に高いことも特長ですね。

DYM就職は求職者に寄り添うサポート、内定獲得まで二人三脚でサポート。

応募書類の添削、面接対策はもちろん、企業の比較で迷った時も相談してみてください。

紹介してもらった企業が気に入らない場合には、改めて求人を探してもらうことが可能です。

DYM就職は新卒紹介でも業界トップクラスの実績があります。

新卒紹介での実績やノウハウ、企業とのパイプなども活かし、既卒や大学中退フリーター・ニートの方の就職サポートも行っているそうです。

DYM就職には様々な業界・職種の求人があり、偏りが少ないこともポイントといえます。

書類選考無し、面接を受けられるため確実に面接でアピールをすることが可能です。

ニートの方も高い成功率で就職活動を行うことが出来る就職エージェントです。

DYM就職の口コミ・評判に関しても、就職エージェント全体の中では高いものが多いのではないでしょうか。。

サポート対応年齢は18歳~35歳までとなっています。
(30代向けの求人量は少ないようです)

対応エリアは拠点のある、

東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

を中心として、仙台、広島です。

最新の利用状況をDYM就職の公式ページでご確認ください。

⇒ DYM就職 詳細はこちら

就職shop

登録企業数が非常に多く、幅広い業界・職種の求人ありの就職エージェントが、就職shopです。

就職shopは大手人材転職リクルートが運営する若者向け就職支援サービスです。

未経験者を歓迎する企業からの正社員求人を中心に扱っていますので、フリーター・ニート向け求人を紹介してもらうことができます。

一般の求人サイトを利用する場合と違い、こうしたフリーター・ニート向け就職支援を利用すると、人物重視で採用したいとお考える企業への応募ですから、選考が進みやすいんですよね。

ちなみに就職shopは書類選考なしで面接となります。

紹介可能な業種・職種も偏りが少ないため、オススメです。

店舗は、

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都

にあります。

⇒ 就職shop

ジェイック(JAIC)

ジェイック

ジェイックはフリーター・ニートなど職歴なし、社会人未経験から正社員就職を目指す方向け就職支援を行っています。

就職成功率は80%以上、入社後の定着率も90%以上とフォローの手厚さもあり高い実績があります。

テレビや新聞などメディアでの紹介も多く、知名度は高いといえます(企業側からも含め)。

元々ジェイックは企業の研修などを手がけている会社ですから、非常に多くの企業とのパイプがあります。

ジェイックの就職支援サービスの大きな特徴は、

「無料の就職支援講座、面接会」

にあります。

就活が初めて、何をしていいか分からない、といったニートの方であっても、就職支援講座でしっかりと履歴書の書き方やビジネスマナーなども学ぶ事ができます。

拠点が多い事もジェイックの特徴ですね。

東京、神奈川、大阪、愛知、福岡

に拠点があり、それら以外の地域、宮城、埼玉、兵庫、北海道などでも期間限定のキャラバンとして就職支援を実施していることもあります。

またジェイックでは20代女性の就職支援に特化した女子カレッジもあります。
女性フリーターやニートの方で正社員就職を希望する場合、利用可能な拠点近くにお住まいの場合におすすめです。

どちらの就職支援も説明会が頻繁に実施されていますので、まずは情報収集に参加してみてはいかがでしょうか。

⇒ ジェイック 詳細はこちら

⇒ ジェイック 女子カレッジ 詳細はこちら

ハタラクティブ

大手フリーター・ニート向け就職支援、ハタラクティブです。

2017年6月時点の実績で支援実績が6万人を越えています。
今はさらにそれ以上の就職支援実績となりますね。

関東、大阪エリアを中心に、既卒、大学中退、フリーター・ニートなど、職歴なし未経験から正社員就職を目指す方向け就職支援サービスを提供しています。

就職支援サービスの中でも幅広い業界・職種の求人を扱っていることもハタラクティブの特徴です。

ハタラクティブでは中卒フリーター・ニートの方の就職実績もあるということです。
中卒の学歴以上の方で正社員就職を希望する20代までの方が利用できます。

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

ウズキャリ

ウズキャリ既卒フリーター卒就職支援

他社の10倍時間を掛ける、というサポートの手厚さが特徴のウズキャリです。
初回2時間のキャリア・カウンセリングとなります。

確かにトータルで一人にかけるサポート時間は、業界No.1といって良いでしょう。

サポーとを担当するのは元既卒・元第二新卒のキャリアカウンセラーとなりますので、仕事探しの辛さ、悩みなども共有しやすいです。

ウズキャリ自体は就職支援サービスとして後発ベンチャー企業。
そのため、他の大手就職支援サービスと比べると、求人数はまだまだ少なめといえ、その中でもIT系求人の割合が多めといえます。

ウズキャリの拠点は、東京、大阪、名古屋にあります。
遠方の方であってもSkype面談や電話面談ができれば相談可能です。

⇒ ウズキャリ 詳細はこちら

就職支援サイトの担当者の質について

ニート向け、と言うわけではなく全ての人材紹介サービスにも当てはまるのですが、就職支援サイトの担当者が全員スーパー優秀で、あなたと性格的に合う、ということはありません。

キャリアカウンセラー、就職アドバイザーとして経験7年、10年、企業の社長さんもたくさん知っていてすぐに連絡が可能な人もいれば、アドバイザーになって1年目、2年目といった人もいます。

性格的にもいろいろな方がいます。

就職支援サイトへ登録をする前に口コミ・評判で調べることも確かに重要です。
あまりに悪い評判ばかりだと、ちょっと使う気がしませんよね・・・。

ただ、鵜呑みにするのはオススメ出来ません。

実際に就職支援サイトに登録をして就職相談をしてみたり、説明会に参加してみて、どんな求人を紹介できるのか、サポート姿勢、求職者との距離感などをご自身で確認してみる事がとても大切です。
サポートに関しても、適度な距離感を求める方も多いと思いますからね。

いずれの就職支援サイトを通しても、正社員就職に成功している方はたくさんいますからね。

自分に合った就職支援サイトを選ぶためにも、複数を比較する事は大切なのかな、と思います。

ニート向け就職支援サービスの種類

ニートやフリーター向けの就職支援は様々な機関、施設で行われています。

上記でご紹介したような民間の就職支援サービスだけではありませんので、状況に応じて利用される事をオススメします。

いきなり就職活動は無理、というニートの方もいると思います。
引きこもり、社会復帰のために少しずつカウンセリングを受けていきたい。
就労体験をしてみたい、といった場合などもあるでしょう。

目的に応じて利用する就職支援を選ぶ事も大切なポイントです。

誰もが就活を始めてすぐに求人紹介を受けて面接、とはいかないと思いますので状況に合わせて相談先を検討してみることも大切かなと思います。

ハローワーク

誰もが知る公共職業安定所です。
地元の中小企業の求人情報量はNo.1でしょう。

全国各地にある事が最大の特徴です。
地方にお住まいの方でも利用できます。

お住まいになっているエリアによっては求人サイトには(未経験歓迎の)仕事の掲載が無く、ハローワーク一択、という方もいるかもしれませんね。

地方までくまなく拠点を置く就職支援サービスは、ハローワーク以外にはありません。

ハローワークでは、

・求人の閲覧、紹介
・就職相談
・各種就職支援セミナー
・職業訓練

などを利用することが出来ます。

関連サイト:ハローワークインターネットサービス

わかものハローワーク

わかものハローワークは正社員を目指す若者を専門的に支援している施設です。

名称から分かるように、ハローワークに関連していますね。

わかものハローワークでは、正社員を目指す若者(おおむね45歳未満)を対象に就職支援を行っています。

民間の就職支援サイトは基本的には20代を対象に就職支援を行っていますから、非常に幅広い年齢層をサポートしてくれるということになります。

45歳未満まで利用可となりますので、30代、40代のフリーター・ニートの方が正社員就職を目指す場合には選択肢として検討してみてください。

ハローワークと違い、担当者が付いてアドバイスをしてくれますので就活はその分進めやすいのではと思います。。

支援内容として、適性検査、自己分析、各種就職支援セミナーなど利用することが出来ます。

関連サイト:厚生労働省 わかものハローワーク

地域若者サポートステーション(サポステ)

15歳~39歳までの若者を対象として就職支援サービスを提供している施設です。

若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人などが運営しています。

就労体験が出来るところが多く、少しずつ社会復帰したいというニートの方には適しているのではないでしょうか。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が主体的に設置している若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

「若年者のためのワンストップサービスセンター」が正式名称です。

就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などを利用する事が出来ます。

利用対象年齢はジョブカフェによって違いがありますが、主に10代~30代です。

こちらも利用対象年齢が広いので、多くのフリーター・ニートの方が利用できるのではないでしょうか。

関連サイト:厚生労働省 ジョブカフェにおける支援

若者正社員チャレンジ事業

東京都で正社員就職を希望されるフリーター・ニートの方向けです。

が正社員としての実務経験等が少ない若年求職者の方々を対象に、セミナーと企業内実習を経て「正社員」を目指す公的な就職支援サービスです。

利用可能な方は、29歳以下の求職者となります。
※学生不可

〈以下の要件のいずれかを満たす方〉
・就職・就業経験がない方
・非正規での就業経験のみの方
・直近2年以内の正社員としての職歴が1年未満の方

といった条件がありますので、条件を満たすフリーター・ニートの方で都内で就職を希望される方は活用してみてはいかがでしょうか。

関連サイト:若者正社員チャレンジ事業

民間の就職支援サービス

人材紹介会社が提供する就職支援サービスはとてもたくさんあります。

ニートの就職活動で情報を調べたことがある方は、他の就職支援サービスも目にしたことがあると思います。

それぞれ、特徴がありますし対応エリアが異なりますからね。
まずは各就職支援サービスの拠点を確認されることをオススメします。

あとは遠方でも対応可能かどうか、といったこと。

拠点周辺への就職希望であれば、遠方でも就職サポート可能、という就職支援サービスは意外と多いですよ。

こうした民間の就職支援サイトを利用するメリットは、手厚いサポートが受けられるということです。

多くの経験を積んだ就職活動のプロが、アドバイザーとして一人ひとりを担当。
内定獲得までしっかりとサポートをしてくれます。

ニートの方の就職活動は不利になる事も多いですし、就活で不安になることもあると思います。
その際に、相談出来るカウンセラーなどがいるのは、思った以上に心強いのではないでしょうか。

登録後のカウンセリング、自己分析、具体的な求人紹介、面接対策。
入社までのサポートもあり、さらには入社後のフォローがある場合も。

未経験から正社員就職をして仕事をしっかり続けることができるように、最大限のサポートを行っているといえます。

ただ、注意点としては先ほど「就職支援サイトの担当者の質について」でも書いたように、担当者の質が常に高く、あなたに合う人とは限らない、ということです。

まあ、よほど不満が大きくなければ担当者のチェンジや利用する就職支援サービスをガラッと切り替える、といったこともないとは思うのですが、紹介される求人が全く興味の無い業界・職種の求人ばかりだったり、誘導されている感がある場合には注意が必要です。

こうした民間の就職支援サービスを利用した場合、自力での就活よりも就職成功率が高くなることもメリットですね。

ニートの就職はいつまで出来る?年齢の重要性

職歴なし、社会人未経験。
ニートから就職を目指す場合に、年齢が気になっている方も多いのではと思います。

「29歳。フリーターの後ニートだったけれど、これから就職活動をしても間に合うかな・・・」

「就活を後延ばしにしていたら、気がつけば31歳。30代だけどニートから就職できる?」

職歴なしのニート、フリーターから就職できる年齢としては、30代前半くらいまでと言われることが多いです。

余裕を持って就職活動が出来るのは20代と言われます。

年齢が若いほど未経験者歓迎の求人が多く見つかりやすくなりますので、その分、職種も選びやすくはなります。

30代でも就職は可能ですが、選択肢は狭くなります。

そうした前提は理解した上で就職活動に取り組まれる事が大切といえるでしょう。

求人を選び過ぎると就職ができないというのは、こうしたことも含めてとなります。

30代後半、40代になると職歴なしニートからの就職は非常に困難です。

国の機関が運営する就職支援サービスでは就労体験などもありますが、40代ともなると受け入れ先を探すことが難しいようです。

正社員採用になればなおさら難しいといえます。

職歴なし、ニートから正社員就職目指す場合には出来れば20代の間。

遅くても30代前半くらいまでには真剣に就活に取り組んで、就職先を決めたいところ、といえます。
(民間の就職支援サイトはほとんどが就職しやすい年代である、20代限定の利用となります)

35歳を超えると応募可能な未経験者歓迎の求人が本当に激減します。

ニート就職活動、重要なポイントとは?

ニートの仕事探しで重要なポイントをまとめてみましょう。

  • 就職活動のプロを利用すること
  • 自己分析をしっかり行う
  • 面接対策をしっかり行う
  • 就職を諦めないこと

ニートから脱出して正社員になるための就活では、プロのサポートを利用した方が良い結果が得やすいと言えます。

多くのフリーター・ニートの就職支援を行ってきたアドバイザーやコンサルタントにサポートしてもらうことで、ニートが就職活動でつまづきやすいポイントを回避しながら、しっかりと就活が進むようにサポートをしてもらうことが出来ます。

一人で就活すると、不安や悩みですぐに就活が止まってしまう可能性もあります。

サポートを受けながら就活をした方が、挫折しにくいといえます。

企業選びの基準もとても重要ですよね。
こんな働き方が出来る会社、仕事内容から選びたい、転勤がない企業が良い、様々なな希望があると思います。

また、社会人経験がなくニート歴が長い方は、ブラック企業に引っかかる可能性もあります。
企業を見極める事に関して、自信が無い方も多いのではないでしょうか。

ニートからの就活では内定がたくさんもらえる訳ではない、という事からか、内定が出るとそこで入社を決める方も多いようです。

しかしブラック企業へ入社してしまった場合には、早期退職につながりますし、再びニート・引きこもりに戻ってしまう可能性も。

入社してみたら話と違う、最初の研修期間だけ定時で帰れたけれど・・・といったようなケースは実際にありますからね。

就職支援サイトでは、直接足を運び企業の詳しい情報をしっかり確認した上で、ブラック企業を除外して紹介を行う事を心がけています。

そういったこともありますので、ブラック企業には就職したくないニートの方も安心して利用できるのではないでしょうか。

就職においては正社員として長く働ける職場を選ぶ事が大切となります。
職種も大切ですね。

企業に直接足を運び、独自の基準で厳しくブラック企業を排する民間の就職支援サービス。
ニートの方の就職活動にピッタリといえるのでは、と思います。

ニートから正社員になるために

最終的には正社員として就職を考えていると思います。

であれ、最初から就職活動をして正社員就職を目指すことをオススメしたいです。

しかしニートや引きこもりから、いきなり就活を始めて正社員就職を目指すのはハードルが高い、不安が大きすぎて難しい・・・という方もいるのではと思います。

その場合、年齢にもよりますが少しずつ外に出て働く事に慣れていく、といった選択肢を採ることも出来るでしょう。

アルバイトから始めてみる、就労体験を利用してみる、といったこともお考えになってみてはいかがでしょうか。

ただ、年齢的に29歳、30歳といった場合にはアルバイトをして半年、1年と過ぎるとさらに就職が難しくなってしまいます。

特に29歳のニートの方の場合には、就職しやすいといわれる20代が終わってしまう可能性もあります。

可能であれば、すぐにでも正社員就職を目指してみて頂きたいと思います。

正社員になることに不安があるのでしたら、不安の原因を明確にするために書き出してみたり、といったことも有効ですよ。

就職支援サービスを利用すれば、企業に対して知りたい事を代わりに確認してもらうことも出来ます。

就職したらどんな働き方になるのか、休みはしっかり取れるのか、ゴールデンウィークやお盆、年末年始など連休は?年収はどれくらいのペースで上がるの?

ニートが入社しても職場の人達は馴染みやすいのかな?

不安を解消するには、情報収集が大切といえます。
そうした情報収集をすることが出来るのが、先ほどご紹介したような就職支援サイトとなります。

ニート脱出、正社員就職を成功させるに、一人での就活よりも就職活動のプロの支援・サポートを利用された方が成功しやすいといえます。

自己分析も、一人ではしっかりと行うのは実は難しいですよね。

自己分析がしっかり出来ていないばっかりに、強みをアピール出来ずに面接が失敗した事例もあります。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、志望動機の作り方、内定が出た後の対応などもサポートしてもらえます。

企業との面接日の調整なども代行してくれます。

就職活動に関するほとんどの事を代わりに行ってもらうことが出来ます。

就活の負担が軽くなります。
それも、ニートの就職活動に就職支援サイトの活用をオススメする大きな理由です。

ニートから正社員就職するための方法として、こうした就職支援サイトをぜひ活用してみてくださいね。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

⇒ ウズキャリ

といったフリーター・ニート向け就職支援サイトをご紹介いたしました。

Copyright© ニート就職支援サイト , 2018 All Rights Reserved.